ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2020年08月25日 (火)

真夏のラジオ番組

こんにちは!
アナウンサーの藤重です。

本当に厳しい暑さが続いていますね…。
特にことしはマスクをしているので口元がむれ、熱がこもりやすいように感じます。

北九州市ではきのう(24日)時点で、8月に猛暑日を3日観測。
飯塚では、8日連続の猛暑日を記録しました。

平年を上回る暑さが続いていて、
福岡管区気象台は、きのう、気温の高い状態が今後2週間程度続く見込みだと発表しました。
まだまだ残暑は厳しい予想です。

のどが渇いていなくても、定期的に水分や塩分を補給することはもちろん、
人との距離が十分確保できる場合は、マスクを外してください。
また、私も夜間は無理をせずエアコンをつけたまま寝ています。
冷房も適切に使って、この夏を乗り切りましょう!


さて、夏は慰霊の夏でもあります。
ことしの8月15日で終戦から75年を迎えました。
戦争の記憶の継承がますます課題となる中、
小説を通して戦争について考えてもらおうとしているのが、
北九州市出身の作家・村田喜代子(むらた・きよこ)さんです。

20200825-1.jpg

村田さんは、戦争の時代を生きた人を描いた小説を、
近年、相次いで発表しています。
登場人物の人生には、いまも戦争が影を落としています。
75年前の終戦の年に生まれ、
「戦争を知らない世代」だと語る村田さんが、
どんな思いで書いているのか、先日、お話を伺いました。

放送は
▼25日(火)ラジオ第1(17:05~17:55)「はっけんラジオ」(25日は全国放送)
https://www4.nhk.or.jp/P5621/
▼28日(金)ラジオ第1(12:20~12:55)「きたきゅーラジオ」(北九州・筑豊、540kHz)です。
https://www4.nhk.or.jp/P6080/

戦争を知らない世代が、どのように戦争を学び、その記憶を継承していけばいいのか。
私自身、学び続けるしかない、と改めて思いを新たにしました。
戦後75年の今だからこそ、ぜひお聴きいただければと思います。

また、「きたきゅーラジオ」では、毎月、お便りも募集しています!!
今月のテーマは、新型コロナウイルスの影響で例年と異なる「この夏の過ごし方」です。
そのほか、番組の感想もお待ちしています。放送中も随時チェックしていますよ~!

番組HPや、
▼FAX (093-583-0735)
▼ツイッターの「#きたきゅーラジオ」などから、どしどしお寄せください^〇^

ご自宅や車内などでお聴きの際は、ぜひ「冷房を忘れずに」お願いします!