ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

北九州放送局広報担当です。

「ウオカツ!~北九州・楽園の海~」の放送がいよいよ明日に迫りました!

響灘での落とし込み釣りと船上での神経締めや料理を満喫した一行は、夕刻、北九州市の沖にある藍島へ。

その目的はある漁師さん宅にお伺いするためです。
藍島で魚といえば…、そう鰆(サワラ)。

その鰆を船上で紹介するために、プロデューサーが考えたことは…

プロデューサー
「鰆といえばお弁当の角に入っているイメージだな…」

「そうだ!出演者に船上で鰆のお弁当を食べてもらおう!」

「(広報担当の私に)ロケ当日、鰆の西京焼き入りのお弁当持って来て!

私「!!」

妻と義母の手も借りて近所のスーパーを回りましたが、ない。鰆がない。
季節的に厳しいのか…しかし何軒か巡ってようやく干物屋さんで味噌漬けを見つけてミッションクリア。

無事、義母が作ってくれたお弁当をお二人に食べていただくことできました。
私は番組に出演しませんが、お弁当が出演するそうなので満足です(お義母さんありがとう)

191207-1.jpg

話が逸れました。
鰆の魅力をもっと知るために、藍島に到着!

191207-2.jpg

藍島の鰆は近年「藍の鰆(あいのさわら)」と言うブランド名で注目を集めており、
そのブランドを確固たるものにした方こそが、今回お伺いした漁師さんなのです。

なぜ「藍の鰆」は各地の名だたる有名店から指名で購入希望が寄せられるのか。

それは釣り上げた鰆を美味しく食べるために
徹底的なこだわりの品質管理(船上での神経締めなど)を施して商品化することにあります。
その魅力に魚の伝道師・上田勝彦(ウエカツ)さんが迫りました。

 

鰆は漢字で魚へんに「春」ですので、春の魚だと思われがちですが、「藍の鰆」の脂の乗った旬は12月~。
ロケをおこなった11月初旬だと普通はまだ獲らない時期ですが
この日のために獲ってくださったそうで…(ありがとうございます!)

191207-4.jpg 191207-3.jpg

191207-6.jpg 191207-5.jpg

漁師さんのご自宅の台所で、ウエカツさんは鰆を捌きながらも、
漁師さんが卸している全国の有名料理店の話題や神経締めの方法談義に花を咲かせます。

これまで各地で食べてきた、美味しいといわれる鰆はどれも「若干生臭さがあった」と本音を語ったウエカツさん。
果たして「藍の鰆」の評価は…。
お互い譲れないプロ同士の会話をそばで聞いていて、ゾクゾクしました。

鰆というと一般的に馴染み深いのはお弁当にも入っていた西京焼き(味噌漬け焼き)ですが、
ウエカツさんはオリジナル料理を披露します。

しかしそこは鰆漁師のご自宅。さらにいろいろな料理が登場します。

なかでも北九州でおなじみの「ぬか炊き」にはウエカツさんや井上咲楽さんも絶賛。

191207-7.jpg

漁師さん宅では「藍の鰆」ブランド化のきっかけや今後の展望についても熱く語り合い、
魚を愛する者同士の会話は尽きない様子でした。

早朝から始まったロケはすっかり日も暮れ、スタートの若松漁港に戻ってきたときには、
ライティングされた、真っ赤で雄々しい若戸大橋が我々を出迎えてくれました。

191207-8.jpg

北九州の海と魚にこだわった番組「ウオカツ!~北九州・楽園の海~」は
総合テレビ(九州沖縄地方向け)で、明日!
12月8日(日)午前7時45分~午前8時14分に放送です。

ぜひご覧ください!