ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

北九州放送局広報担当です。

北九州の海と魚の現場に迫る「ウオカツ!~北九州・楽園の海~」の放送まであと2日!
今週末8日(日)に迫っています。

前回のブログで、北九州には海や魚のイメージがなかった、と書きました。
これは半分本音で半分嘘です。

半分嘘だというのは、今では北九州=海の街になっているからです。
およそ1年前から訳あって「釣り」にハマり、幾度となく、北九州の海で竿を振り、船釣りにも出ました。
この海のポテンシャルがどんなものか、身を持って体験しているからです。
…自分語りが過ぎました。

実は11月某日、運良くこの番組のロケに同行させてもらうことができました!
というわけでロケレポートです。

この日のロケは北九州沖での釣り!
早朝の若松漁港を出発した魚の伝道師・上田勝彦(ウエカツ)さん、タレントの井上咲楽さん、
咲楽さんのお父さんの一行は響灘を目指します。

20191206-1.jpg
  上田勝彦さん 井上咲楽さん
(※咲楽さんの右隣がお父さんの力夫さん)

 

20191206-2.jpg

朝焼けの幻想的な巨大風車に一同感動!早朝に海に出ないと見られない光景でした。

早朝から元気な咲楽さんは気合十分!釣りの経験はほとんどないそうですが、
そこは同行しているプロ級の腕前のお父さんの指導で心配ありません。

20191206-3.jpg

この日チャレンジしたのは「落とし込み釣り」といわれるもの。
大きな錘(おもり)と、たくさんの針がついた仕掛けを海に降ろし、
餌と間違って針に掛かった小魚を付けたまま、さらに底へと降ろしていき、
小魚で大物の魚を誘って釣りあげるという方法です。

この日のポイントは水深70mほど。
船長の指示にしたがい、それぞれが狙った深さに仕掛けを降ろしていきます。
電動リールとはいえ、70mというのは私のような釣り初心者からすると
釣れたとしても魚が上がってくるまで果てしなく長い時間に感じるものです。

20191206-4.jpg

さて、肝心の釣果や魚種は番組をお楽しみいただくとして…
結論だけ言いますと、皆さん釣りあげてしまいました!
船長が「今日は潮が効いていない(釣りに適していない)」とおっしゃる中です。
かくいう私も取材には経験が必要だろう!と、ロケの合間に竿をお借りし、
一投だけ試させていただいたのですが(電動リールを使うのも初めてです)、
その一投で青物が釣れてしまいました…。北九州の海のポテンシャル、恐るべしっ!!

お昼過ぎ、船上ではウエカツさんの神経締め、船上料理教室が始まりました。
次々と魚を締め、捌き、パパッと素早く作る漁師料理。
どれも身近な調味料を使った簡単なレシピなのに、食べたことのない味で、感動するほど美味しい!
お酒が欲しくなったのは私だけではなかったはずです…。

20191206-5.jpg 20191206-6.jpg

20191206-7.jpg

いま自分は北九州の海の上にいる、ということを忘れていた瞬間でした。

北九州の海と魚にこだわった番組「ウオカツ!~北九州・楽園の海~」はあさって!
総合テレビ(九州沖縄地方向け)で、
12月8日(日)午前7時45分~午前8時14分に放送です。

ぜひご覧ください!