ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

こんにちは\(^〇^)/!アナウンサーの藤重です。
やっと九州北部が梅雨入りしました!!
じめじめしますね~。蒸し暑い。

190628-1.jpg

せめて除湿をするとすっきりするのでしょうが、
ことばを扱う職業柄、のどのことを考えると乾燥は大敵。
家では加湿器を使っています。
のどをとるか。快適な生活環境をとるか。悩ましいです…。

さて、6月26日(水)、九州工業大学戸畑キャンパスで、
英語にまつわるセミナーの司会を担当しました!!

190628-2.jpg

「パックンマックンの英語にThank you!」です。
九工大の創立110周年を記念したセミナーで、
日本人とアメリカ人のお笑い芸人、パックンマックンが、
ユーモアを交えて英語を身近に感じるコツを教えてくれました。

2人が言っていたのは、「英語は実はしゃべれるんだ!」ということ。

190628-3.jpg

英語を交えたコントでは、会場全体が笑いに包まれました。
また、英語をしゃべってみるゲームでは、見事に学生が短文を完成!
会場全体が、「実は英語は十分しゃべれるし、理解できている」と認識しました。

私も、せっかく英語ということばを知っているのに、聞いたり、話したり、
十分に使っていないことのもったいなさに気づかされました。

190628-4.jpg

これから、外国語に、もっと意識して触れていきたいと思います。


一方で、外国人が相手でなくても、「ことば」は、
うまく発することができないと、日常生活に支障が出ることがあります。

中には、ことばの発達が遅れ、思っていることをうまく話せず、
ストレスからかんしゃくなどを起こしてしまう「発達障害」の子どももいます。
いま、小中学生の15人に1人にその可能性があるといわれています。

190628-5.jpg

こうした子どもたちに、絵の描かれたカードなどを使って、
ことばの発し方の訓練を行うのが、言語聴覚士です。
筑豊地域で、発達障害の子どもに向き合いながら、社会に対しても、
もっと発達障害について知ってほしいと団体を立ち上げた言語聴覚士の方に
先日、インタビューを行いました。

「ニュースブリッジ北九州」で、7月1日(月)放送予定です。

NHK北九州のツイッターでもお知らせします、
ぜひご覧ください!

https://twitter.com/nhk_kitakyu