ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

こんにちは!アナウンサーの吉松欣史です。
サッカーJ1、サンフレッチェ広島の元監督で、
2020年東京オリンピック・サッカー男子日本代表監督、
森保一(もりやす はじめ)監督の横顔に迫るシリーズ、
4回シリーズの最終回は、「感謝」です。

171110-1.jpg

 

その4:<感謝>

「まず、非常に気温が低い中、スタジアムに足を運んでいただいた
サポーターの皆さんにお礼を言いたいと思います。」

試合後の記者会見、試合結果の善し悪しに関わらず森保監督の第一声は、
このようなサポーターへの「感謝の言葉」から始まります。

そして二言目に多く出てくる言葉は、
「我々の選手も最後まで勝利を信じて走り抜き、全力で戦ってくれたと思っています。」
というイメージの選手へのねぎらいの言葉です。

率直に、そのことについて森保監督にきいてみました。

171110-2.jpg

吉松)試合が終わったあと記者会見を聞いていると、必ずサポーターへの感謝、
選手への労い・感謝、ここから入りますよね。

森保)サポーターのみなさんあっての我々だと思っていますし、
そこは感謝の気持ちは忘れないようにしています。
というかそれが自然だと思いますけどね。

選手にですか?はい。まあ、選手にもそうですね、選手にこれやってくれ、
これやろうってやらせているのは自分なので、もう結果は自分の責任だと思いますし、
選手は、そのために、勝つために全力でプレー出来たどうかを
評価してあげるっていうことと、チームで協力して最後までやれたことを
評価してあげるっていうのを基本的に考えているので、(選手の)動きを見ていて、
あ、自分が言ったことをやれているなって思えたら良いですし、
そこから先に選手に要求することは、また別なことだと思うので、
試合で選手にもよく頑張ったって思うことは、自然と出てくるって感じですかね。

選手は究極の肉体労働者で、プレッシャーが掛かる中、
色んなことを感じながら頑張っているわけで、
例えば負けても、負けたくて負ける訳ではないですし、
周りの人から、こいつ頑張ってないなって思われるかもしれないですけど・・・、
負けていたら自然と周りからは、そういう見方されますし、そうじゃない部分で、
選手はやれているのか、やれてないのかっていうところを、僕はちゃんと評価してあげて、
その上で、言葉をかけてあげたいと思っています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

プロ、アマチュア問わず、監督の中には、試合後、何も話さない人、
感情をあらわにする人などなど、まさに監督も十人十色です。

そんな中、森保監督は、試合結果が良ければ、継続することは継続、
変える部分があれば、次のゲームまでにしっかり修正するスタイルで、
その場その場で素直に現実を受け入れ、気持ちを切り替え、
今、自分に出来ることは何なのかをすぐに判断して、それを言葉にし、
行動しているように見えます。

「負けて残念がって結果が変われば、いくらでも残念がりますけど、
過去は変わらないですから、前に進んだ方が良いでしょ?」
そんな森保監督の声が聞こえてきそうです。
そして、結果に左右されず「自分に出来ること!」、
それが感謝の気持ちを表すことなのです。


こんな場面もありました。
県外での試合に臨むため、選手と一緒にバスに乗り込む直前、
練習時に監督の指示の下、必要な用具を取り揃えたり、
片付けたりするスタッフ一人一人に挨拶してまわっているのです。

「お陰様で今日も良い練習が出来ました。ありがとうございました。
絶対勝って帰ってきます。ありがとうございました。」と。

ある日の練習後、雑談の中で、その辺りのことを聞いてみました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

吉松)監督は、ホントに自然に「ありがとう」って言葉が出てきますよね?

森保)ここまで(優勝という)結果を出せたことは幸せなことだと思います。
頑張ってくれている選手とか、僕を支えてくれているスタッフに感謝しています。
これも自然なことですよね(笑)。

自分の好きなことを職業にできるということを、本当に幸せだと思わないといけないですし、
だからこそそれって、サッカーを仕事にできてる時点で、
緑の芝の上でプレーできる、お金をもらってプレーできるっていうことだけでも
幸せに思わないといけないっていうことをね、忘れてはいけないと思いますね。

そして、練習でも試合の中でも支えてくれるスタッフがいる。
本当にみんなに感謝したいです。

森保監督が感謝を口にすることで、
「今、自分に出来る最善のことは何か、やらなければならないことは何か、もっとあるのではないか!」
という発想が、選手、スタッフ、球団関係者、サポーターなどなど、
それぞれの立場で生まれているのではないかと思います。

2020年東京オリンピック・サッカー男子日本代表監督としての森保氏の初戦は、
今年(2017年・平成29年)12月にタイで開かれる国際大会になると思われます。
その後、年が明けて1月に年代別代表のアジア選手権(中国開催)に臨むなど、
東京オリンピックに向けて本格的に強化を進めることになります。

森保監督のように、私自身も「今の自分に出来ること」をあらためて考えてみたいと思います。

171110-3.jpg

最後に将来について聞いてみました。

吉松)将来どんな指導者になりたいですか?

森保)やっぱり結果を出せる指導者でありたいと思いますし、
あと、本当に自分の指導が、自分が指導していく上で、
選手(自身)が、俺上手くなったなとか実感できるような指導が出来る、
説得力のある指導者になっていきたいなと思いますね。


吉松)これまでいろんな指導者に会ってきたと思いますから
具体的に名前挙げていただいても良いですし、こういう指導者になりたいというのは?

森保)良いとこ取りしたいですね。
たくさんの指導者の方々に指導を受けて自分は成長してこられたので、
ただ誰かのコピーというわけではなくて、今まで指導を受けた方の良いところを
自分なりに吸収して、やっていければなと思います。


吉松)そういうところはサッカーだけじゃなくいろんな世界に通用するかもしれませんね。
森保一にとってサッカーとは?

森保)人生だと思います。それと、常にチャレンジさせてくれるものだと思っています。


吉松)チャレンジの場がサッカー。人生はサッカーである!!

森保)・・・と思いますね。

 

yoshimatsuana01.jpg

<今日のひと言>
出来る(デキル)人は、いつも話を前向きな言葉で切る(デキル)!

(常にポジティブにポジティブに・・・)

>>森安一(もりやすはじめ)の横顔!①
>>森安一(もりやすはじめ)の横顔!②
>>森安一(もりやすはじめ)の横顔!③