ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2017年05月16日 (火)

眼鏡のお話

アナウンサーの原口です。
新年度からは、「ニュースブリッジ北九州」で
思わず笑ってしまうような話題をご紹介するコーナーを担当しているほか、
ほかのアナウンサーと交代で、「きたきゅうたいむ」も担当しています。
見てくださっていますか?

170516_h1.jpg

きょうは、たくさんのお問い合わせをいただいている
眼鏡のお話をさせていただきます。

私の現在の視力は、両目ともに0.2、立派な近視です。
裸眼ですと、車の運転はもちろんできませんし、
向こうから歩いてきた人の顔も、ぼんやりとしか見えません。
ですので、眼鏡やコンタクトレンズなしの生活は考えられません。

私は、眼鏡とコンタクトレンズを使い分けていて、
基本的には、職場や自宅では眼鏡、
放送に出るときはコンタクトレンズと決めています。
しかし、金曜日だけは、放送でも眼鏡をかけています。

170516_h2.jpg

取材でお会いした方や視聴者の皆さんから、
「眼鏡をかける日とかけない日があるのはどうしてですか?」という
ご質問をよくいただきます。
なかには、
「原口さんが眼鏡をかけているから、きょうが金曜日なんだと分かります」
といった嬉しい声も・・・。

なぜ、金曜日は眼鏡なのか?
実は、大した理由はないのです。。。
あえて申し上げるとすれば、私なりの「視聴者サービス」でしょうか(笑)。

視力が落ちて、裸眼ではニュース原稿の文字が見えにくくなり、
10年ほど前から、眼鏡やコンタクトレンズのお世話になっています。
初めのうちは、その日の気分で、
眼鏡にしたり、コンタクトレンズにしたりしていたのですが、
しばらくして、「眼鏡の方がよい」という人と
「眼鏡がない方がよい」という人が
それぞれいらっしゃることが分かってきました。

私なりに分析?したところ、
「メガネ派」が2割、「メガネなし派」が8割ほどでした。
そこで、約2割のメガネ派の皆さんにも配慮して、
週に一度は、眼鏡の日を作ろうと決めたんです。

その日を金曜日にしたのは、
眼鏡をかけることで、週末らしいラフさを出したいと考えたからです。
放送でかけないものを含めると、現在、9本あります。

170516_h3.jpg

眼鏡によって印象も変わるので、ひそかにおしゃれも楽しんでいます。

かくいう私、いま、心配なことがあります。
それは、「いつ老眼が出始めるか」ということです。
幸いまだ問題はありませんが、時間の問題だろうと覚悟しています・・・。