ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

アナウンサーの戸部です。

大相撲九州場所は、横綱・鶴竜の3回目の優勝で幕を閉じました。
ことしの本場所は終わりましたが、
12月は、九州・沖縄各地を回る冬巡業があります。

161208_01.jpg

12月6日には、直方市で巡業が開催されました。

161208_02.jpg

巡業は朝からやっています。
この日は午前8時に着きましたが、
もうすでに幕下以下の力士15人ほどが申し合いをしていました。
関取を目指す、彼らの熱のこもった稽古が見られます!

 

161208_03.jpg

土俵を見つめるのは、
地元・直方市出身の元大関・魁皇の浅香山親方です。
現在、審判部に所属していて、
審判の親方の一部は巡業にも帯同し、力士たちを指導することもあります。

 

161208_04.jpg

九州場所で2年半ぶりの十両に返り咲き、
見事勝ち越しを果たした、飯塚市出身の山口です。
関脇・髙安の胸を借りてのぶつかり稽古でへとへとに。
巡業では、ご当所力士はこうしてぶつかり稽古で、
上位力士にかわいがってもらう習慣があります。

 

161208_05.jpg

こどもからのサインに応じる、築上町出身の松鳳山です。
巡業では、本場所と違って、
握手会など、力士と触れ合えるチャンスがたくさんあります!

 

161208_06.jpg

そして、巡業のお楽しみは、こどもとの稽古です。
松鳳山に挑戦!関取にぶつかって、その重さを体感します。
こうした経験を通して、角界に入門する子どももいます。

 

161208_07.jpg

今回、会場の体育館の壁には
地元の小学生が作った激励の絵や手形が飾られていました。

 

161208_08.jpg

これが松鳳山。特徴をよくとらえていますね。
関取たちも、目を凝らして自分の絵を探していました。
絵の前では、たくさんの笑顔があふれていました。

161208_09.jpg

体育館の外では、ちゃんこもいただきました。
今回、改めて巡業の楽しさを体全体で感じました。

本場所になかなか行けないという方は、
ぜひ、足を運んでみてください。(有料です)

琴奨菊、豪栄道の初優勝があったことしの大相撲。
来年平成29年はどうなるのか。初場所は1月8日(日)に初日を迎えます。