ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

アナウンサーの戸部です。

今月開幕するリオデジャネイロパラリンピック。
数ある競技の中で花形と言われるのが、車いすバスケットボールです。
今回、私は車いすバスケットボールの男子日本代表の試合をラジオで実況します!

160906_01.jpg

車いすバスケットボールは、一般のバスケットボールとほとんど同じルールで、ゴールの高さも同じです。
今回、日本代表は11大会連続の出場で、過去最高の6位以内を目指しています。

12人の選手たちは、17歳から40歳まで、経歴も障害の程度もそれぞれです。
生まれた時から障害があったり、交通事故で脚を失ったり、スポーツ事故で脊髄損傷となったり。
しかし、全員に共通しているのは、競技への情熱、勝利への強い思いです。

車いすバスケットボールを取材していて感じたのは、
車いす同士の衝突の激しさ、トップスピードに乗った時の速さ、そして、戦略性の高さです。
相手のエースに2人の選手がディフェンスするダブルチームをしかけたり、
味方を壁に使うスクリーンプレーを多用したり、
相手の車輪が回らないよう、うまく車いすをぶつけたりするなど、
ひとつひとつのプレーが頭脳的で、見ていて非常に面白い!

160906_02.jpg

私自身もバスケットボールに青春を捧げてきました。ラジオ実況にあたっては、現地のコート上が思い浮かぶような描写ができるように、
そして、競技の妙味を味わってもらえるように、全身全霊を傾けていきます。

私が担当するのは、予選リーグの3試合です。(日本時間)
9月11日(日)午前8時55分~ オランダ戦
9月12日(月)午前8時55分~ カナダ戦
9月13日(火)午前1時30分~ オーストラリア戦
いずれもラジオ第1で放送予定です。

160906_03.jpg

オランダは古豪、過去バルセロナ大会で金メダルの経験があります。
カナダは前回ロンドン大会金メダル、オーストラリアは北京大会金メダル。
強豪との対戦が続く中、目標の6位以内を達成できるか、ぜひご期待ください!