ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

今回の担当は江崎裕子です。
夏の風物詩である高校野球。
北九州市民球場では、ことしの福岡代表を決める熱戦が続いています。

160729.jpg

グラウンドには、高校生のアナウンスが響き渡ります。
こうしたアナウンスを担当する生徒たちが出場する
学校放送コンテストが開催されるのも、まさにこの時期、
全国大会出場に向けて、各地で予選が繰り広げられています。

6月は高校生の福岡県大会、7月は中学生の筑豊地区予選が行われ、
審査員として、発表の場に臨む生徒の皆さんの声を聴きました。
アナウンス部門には、小説などの一部を読む「朗読」と、
取材した原稿を読む「アナウンス」があります。
どちらも、時間に制限があり、発表は一度限りです。
結果発表の時には歓声が上がり、涙する生徒もいます。
高校野球の名脇役もここでは主役です。

目指す舞台は違っても、目標に向かって力を尽くす姿の尊さは同じです。
体育会系であれ、文科系であれ、本番に挑もうとしている人、そして、、、
ことし残念な結果でも、来年または次の目標に向かっている皆さんもです。
中学生・高校生の熱い夏にエールを送ります!

追伸 7月28日に、東京で開催された全国高校放送コンテストで、
嘉穂高校の生徒が、アナウンス部門の優良賞に選ばれました。
おめでとうございます。