ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

アナウンサー・キャスター

こんにちは!アナウンサーの吉松欣史です。

先日、2020年(平成32年)東京オリンピックのサッカー男子日本代表監督に、
サッカーJ1・サンフレッチェ広島前監督、森保一(もりやす はじめ・49才)氏が就任することが
日本サッカー協会の理事会で決まりました。
森保監督との親交は、かれこれ20年近くになります。
普段は「温厚」で「柔和」な表情の持ち主ですが、ひとたびピッチに立つと、その表情は一変。
「鋭い眼光」で「闘争心」を全面に出します。
そんな森保監督と、私が広島放送局に勤務していた時、
すなわち森保監督がJ1、サンフレッチェ広島で監督を務めていた時代に、じっくりと話をする機会がありました。
その時の話をこのブログでお届けしたいと思います。

2015年(平成27年)、2年ぶり3回目の優勝を果たしたサンフレッチェ広島。
チームを3度のJリーグチャンピオンに導いたのは森保監督でした。

20171020-3.jpg

森保監督は2012年(平成24年)にサンフレッチェ広島の監督就任。いきなりリーグ制覇。
2013年(平成25年)にリーグ連覇達成。
2014年(平成26年)シーズンはリーグ8位と後退したものの、Jリーグ杯は準優勝しています。
日本人監督でJリーグ連覇は元日本代表監督の岡田武史(おかだ たけし)さんが
横浜F・マリノス監督時代の2003年(平成15年)、2004年(平成16年)に達成して以来2人目。
リーグ優勝3度は、鹿島アントラーズを率いたオズワルド・オリベイラ元監督とならび、日本人では最多です。

森保監督は、静岡県出身。
長崎日大高校を卒業後、1987年(昭和62年)に18才でサンフレッチェ広島の前身、マツダSCに入団
(当初、マツダ本社は高卒採用枠に制限があり、森保監督は本社ではなく子会社に勤務)しました。

現役時代からとにかく動き回る、いわゆる「汗かき役」。
森保監督のマツダSC入団に大きく関わり、後にサンフレッチェ総監督も務めた
今西和男(いまにし かずお)氏は、監督・森保一をこう語ります。
「森保の指導力は、現役時代が大きく影響しているのではないかなと思います。
決して頭抜けてサッカーが上手いわけではなかったけどとにかく最後までよく走りました。
そして粘り強く戦う姿勢を崩しませんでした。
気の利いたポジションを取ったり、他の選手に指示を送ったり、首をよく左右に振って
周りの状況を見たり・・・、チームのために最後の最後まで頑張るタイプでした。」と。

「ポイチ」の愛称で親しまれている森保監督。
現役時代は、広島―京都―広島―仙台でプレーしましたが、
「常に全力で取り組む姿勢」はどのチームのサポーターにも愛され続けてきました。

そんな森保監督を、
その1:<コミュニケーション>
その2:<指導論・全力>
その3:<ぶれない姿勢>
その4:<感謝>

以上の4点に絞り、その横顔に迫りたいと思います。

【続きを読む】

夕方の「ニュースブリッジ北九州」で始めた新コーナー
「きたきゅー 防災チェック!」。

171010-no1-01.jpg

「ココもチェック!」というミニコーナーも作りました。
各市町村で、防災に詳しい方に、防災上のポイントを教えてもらおうというものです。

第1回は、添田町!

というわけで。
添田町に、お話を聞きに行ってきました。

7月の九州北部豪雨の影響は、残っているんでしょうか。
添田町役場 防災管理課の新平拓(しんひら・たく)さんが教えてくれました。

 171011-no2-01.jpg

「九州北部豪雨では、添田町でも、英彦山川沿いに、大きな被害を受けました。
 特に大きな影響があったのが、落合地域。

 171011-no2-02.jpg

 簡易水道の施設が土砂でえぐられるなどして、
 一時、水の供給が出来ない状況にもなりました。
 いまは、堤防などに爪痕は残っていますが、
 北九州方面からの道路の通行に、影響ありません。
 道の駅や宿泊施設なども通常営業しているので、
 秋のシーズン、ぜひお越しください!」
とのことです。

農作物への影響もなかったとのこと。良かったですね。

では、添田町民の皆さん! 防災上のチェックポイントはココです!
「添田町では、気象情報を収集して早めに対応するようにしていますが、
 住民の方にも2点、お願いがあります。

 1つは、自分の命は自分で守るという心構えをもっていただくこと。
 2つめは、地域の皆さんで協力して防災に取り組んでいただくこと、です。」

 171011-no2-03.jpg

「添田町では森林面積が80%。土砂災害に警戒。
 今回の水害を受けて、これまで以上に、河川氾濫にも注意が必要です。
 町では、防災マップを配布しているので、危険箇所などの確認をしてください。」

 171011-no2-04.jpg

防災マップが必要な方は、添田町役場にお問い合わせを!

今後は、皆さんのお住まいの地域の防災のポイントを順次紹介していきます。

夕方の「ニュースブリッジ北九州」のなかで、始めました新コーナー。

171010-no1-01.jpg

「きたきゅー 防災チェック!」です。

去年の熊本地震や、7月の九州北部豪雨など、災害はいつ起こるか分かりません。
家庭で、地域で、私たちが出来る災害への備えを、
みなさんと一緒に“チェック”していきたいと考えています。
放送内容は、このように、ブログでもご紹介していきます。

今回チェックしたのは、避難する際に、すぐに持ち出す「非常持出品」。

171010-no1-02.jpg

「食料、飲料水、包帯や薬など、着替え、防寒用品、現金・・・」
などが必要ですが・・・

ここでチェックポイント! 
「必要最低限は自分で用意すると安心」

避難所に行けばあるんじゃないか、と思った方・・・。
一般的に、全ての避難所が十分な物資を保管しているわけではありません!
備蓄倉庫など、集積場所から送るケースもあり、
災害の状況によっては十分に揃わないことも。

さらに、もう1つのチェックポイント!
「非常持ち出し品は、あなたが必要なものを!」

そのポイントを、日本防災士会福岡県支部の
永原章男(ながはら・あきお)さんに教えてもらいました。

 171010-no1-03.jpg

まずは、お年寄りが必要なものの例です。

171010-no1-04.jpg

永原さん
「忘れてほしくないのがお薬手帳。薬がなくなったときのために必要です!」

小さな子どもがいる場合は、こんなものが必要になりますよね。

171010-no1-05.jpg

永原さん
「オムツも、避難所にあるものはサイズが合わないかも。
 必ず、ふだん使っている物を用意しておきましょう」

さらに・・・家族構成によっては、これらも。

171010-no1-06.jpg

このように、それぞれの家庭によって、必要なものは変わってくるんです。

避難の長さによっても、持っていく物が変わります。
永原さんに見せていただいたところ・・・
「台風など、1泊程度の避難を想定すると、ラジオや着替え。」

171010-no1-07.jpg

数日間、避難するときは、長期保存できる食料や給水バッグなども。

171010-no1-08.jpg

さらに長い避難では、
キャンプ用の皿や鍋、ガスコンロを持っていくことを考えているそうです。

171010-no1-09.jpg

永原さんは、
「ふだん使っている物の方が使い勝手がいいし、物が古くなることがなくて良いですよ」
と話していました。

非常持出品を備えるというと、防災用品をそろえなきゃ、と考えがちですが、
ふだん使っている物の中にも使える物は多くあると思います。
大切なのは、日頃から、災害時に何がいるか、
家のどこに何があるか、考えておくことかもしれませんね。

さぁ、あなたの備えをチェックしてみてください!

2017年09月06日 (水)

防火意識!

8月下旬、北九州市消防局の訓練について、
「ニュースブリッジ北九州」の中継でお伝えしました。
消防隊と消防団が、夜間に合同で訓練をするという取り組み。
被害が大きくなりやすい夜の火災に対して、消防力を高めようと毎年行われているそうです。

170906-1.jpg

訓練研修センターの建物内に、手作りで、火災現場を再現します。
水をまいて高温多湿(この時の湿度は96%!)の環境を再現したり、発煙筒をたいたり・・・。
このなかで、実際に放水したり、人形を救出したりと、本番さながらの消防活動をします。

地元消防団、消防隊が、日々、こうした訓練をしているのは心強いですね!

私たちにも、火災を食い止めるために、できることがあります。
それが、「初期消火」。
炎が天井に届く前であれば、私たちにも消火できる、と言われています。
170906-2.jpeg

というわけで、消火器の使い方を教えていただきました。
ポイントは、こちら。

170906-3.jpeg

「ピノキオ」の手順だそうです。
この4つの工程で、消火器は発射できます。
ちなみに、「キ」の距離については、火から5mほど離れるのがいいそうです。

炎自体ではなく、その根元にある「燃えている物」を狙うのがポイントです。

実は、一般的な家庭用の消火器の放射時間は、わずか15秒程度。
慌てず、落ち着いて、正確に炎に向けて放つことが大切なんです。

また、火が出ているのを見つけたら、1人で消火活動にあたるのではなく、
周囲の人に声をかけ、早く消防車を手配してもらったり、安全を確保したりしましょう。

火を出さないように十分注意するのはもちろん、
もし火を見つけたら、みなさん「ピノキオ」ですよ~!!!


今後も、防災や、暮らしを守る取り組みを、テレビ・ブログでご紹介していきます。
ぜひご覧くださーい。

2017年08月14日 (月)

これにて千秋楽

アナウンサーの戸部眞輔です。
このたび、福岡放送局に異動することになりました。お世話になりました。

170814-03.jpg


おかげさまで、思い出深い4年間となりました。
熊本地震で初任地の大分に応援に入ったこと、
口永良部島の噴火で避難所のある屋久島に応援に入ったこと、
大雪の際、北九州空港から中継したことなど、
九州の災害に触れて、いかに平穏が幸せであるかということを思い知らされ、
それと同時に、故郷への思いも強くなりました。

スポーツでは、サッカー・ギラヴァンツ北九州やソフトバンクホークス、
高校野球、高校駅伝、大相撲、バスケットボールなど、さまざま取材をしました。
中でも、プロ野球界を40年経験した楠城徹(くすき・とおる)監督が就任した
九州国際大付属高校を、その年の春から取材。
夏の甲子園でベスト8に入り、選手たちとスタジオに出演してもらったことは
うれしい出来事でした。
今年は、東筑の21年ぶりの甲子園出場をお伝えでき、
地元の放送局の人間としては、4年間いた中で、
すべて北部のチームが夏の甲子園に出場したことは、誇らしいことでした。
おかげさまで、今年のセンバツで甲子園でのテレビ実況という目標も
達成することができました。
北九州は、私にとってステップアップの地となりました。

しかし、ギラヴァンツ北九州のJ3降格ほどショックなことはありませんでした。
それでも、新スタジアムでの開幕戦を実況できたことは忘れられない出来事です。
J2復帰、そして、夢のJ1昇格を、福岡の地で心待ちにしたいと思います。

170814-04.jpg


動物が好きで、お気に入りのひびき動物ワールドから、
中継番組「ひるブラ」を実現できたことも、楽しい思い出として胸に刻まれています。
そのほか、門司港や到津の森公園、平尾台、皿倉山など、
大好きな場所もたくさんできました。
仕事で疲れた私を癒してくれた素敵な場所です。

170814-05.jpg


北九州市は、想像以上に住みやすく、たくさんの方に可愛がっていただきました。
息抜きとして、門司港や平尾台などにドライブに出かけたのがいい思い出です。

福岡では、大相撲担当となります。
北九州で得た経験を糧に、九州場所を盛り上げられるように、精一杯、やっていきます。
同じ県ですので、これからもお目にかかることも多いと思います。
引き続き、よろしくお願いいたします。

170814-06.jpg

このたび、北九州放送局に仲間入りしました、廣瀬雄大(ひろせ・ゆうた)です。
どうぞ、よろしくお願いします。

170803-01.jpg

こんな写真ですが、ごく真面目なアナウンサーです。
「アナウンサーとNHK北九州なう。」に使っていただいても大丈夫なくらいです。

私の前任地は、ふるさとでもある山梨県甲府市。甲府放送局で働いていました。
甲府では、雄大な富士山を毎日仰ぎ見ていましたが、
北九州では、雄大な瀬戸内海と日本海を望みながら、各地に取材でおじゃまします!

さて、早速、あす4日(金)の「きたきゅうたいむ」を担当します。
あすは…みなさん・・・注目ですよ。

山本リポーターが、北九州市内の素敵なスポットをご紹介してくれるのですが。
なんと、街のド真ん中で、“あの楽しいイベント”ができちゃうというのです。
暑さ厳しくなってきたこの時期、“こりゃ最高!”となると、山本リポーターのお墨付きです。

ぜひ、あす 午前11:45~ご覧ください。

そしてそして!

あすは、ついに初公開!!

それは!
5月に撮影された地域ドラマ「GO!GO!フィルムタウン」!

の!

2分バージョンのPR映像!!!!

このドラマの30秒バージョンのPR映像は、すでに放送されていますが、
2分バージョンでは、さらに“あんな”シーンやら、“こんな”ドタバタやらが本邦初公開!
10月の放送がますます楽しみになると、ドラマ制作陣のお墨付きです。

撮影当時、私はまだ前任地にいましたが、その盛り上がりは、すでに聞いておりました。
ぜひぜひ、あす 午前11:45~「きたきゅうたいむ」ご覧くださいね。

そんなわけで、
NHK北九州の番組はおもしろい!
廣瀬の発信する情報はよくわかる! と、
みなさんからのお墨付きをいただけるよう、がんばりますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、どうぞみなさん、
美味しいもの、楽しいスポットなど、みなさんのお墨付きな情報を
たくさん教えてくださいね~!!

アナウンサーの戸部です。

盛況が続く大相撲。その中、6月6日、行橋市で、
元大関・琴風(ことかぜ)の尾車(おぐるま)親方の講演会が開かれました。

170613-1.jpg

【続きを読む】

2017年06月09日 (金)

ごきげんよう!

アナウンサーの原口です。
この度の異動で、東京へ赴任することとなりました。

振りかえってみれば、北九州放送局での4年間は、
「ニュースブリッジ北九州」とともにありました。

いつも番組を見てくださった皆さま、
インタビューコーナー「トークブリッジ」にご出演いただいた皆さま、
週末ナビなどのコーナーに情報をご提供くださった皆さま、
そして、夜の宴でお世話になった皆さま(笑)、
本当にありがとうございました。

【続きを読む】

2017年05月16日 (火)

眼鏡のお話

アナウンサーの原口です。
新年度からは、「ニュースブリッジ北九州」で
思わず笑ってしまうような話題をご紹介するコーナーを担当しているほか、
ほかのアナウンサーと交代で、「きたきゅうたいむ」も担当しています。
見てくださっていますか?

170516_h1.jpg

きょうは、たくさんのお問い合わせをいただいている
眼鏡のお話をさせていただきます。

【続きを読む】

2017年04月28日 (金)

「北九州×クロス」見てね!

アナウンサーの原口です。

3月末で、ニュースブリッジ北九州のキャスターを卒業し、
4月からは、毎週金曜日の「きたきゅうたいむ」や
「ニュースブリッジ北九州」のコーナーリポーターなど、
いろいろな番組で皆さんとお会いしています。

きょうは、皆さんにぜひ見ていただきたい番組について書かせていただきます。

【続きを読む】