番組制作会社の
皆さまへ

現在募集中の企画

募集A:第140回 企画募集BS4K「紀行番組」
※企画競争(NHK関連団体・番組制作会社)

※締め切りは11月13日(水)12:00時間厳守
12:00を過ぎると応募フォームはページから削除されます。

インターネットでの応募はこちらから →電子応募マニュアル →電子企画書フォーマットサンプル

企画書フォーマットと合わせて、必ず予算見積書と制作プロダクションシートと、商業登記簿謄本を添付してください。

制作プロダクションシートの
ダウンロード(PDF)
見積書フォーマットの
ダウンロード

excel版をご希望の方は、こちらのフォームからご請求ください。

今回の募集は、BS4Kの定時番組です。去年12月から放送を開始したBS4Kでは、「4K高精細」の特性を最大限生かした、オリジナル番組の制作に力を入れています。
テーマは「紀行番組」。将来のBS4Kの代名詞となるような企画を経験豊富なプロダクションから募ります。

募集内容

・「4K高精細」の特性を生かした紀行番組を募集します。
・募集するのは2種類の番組。まったく新しいコンセプトのユニークな紀行と、
 映像の美しさを極めた本格紀行番組。ともに独自の世界観を持つものを期待します。
・旅先は国内外を問いません。スタジオは「なし」のオールVTRです。
・リポーターの起用など演出は自由ですが、既存の旅番組に似た演出はNGです。
・繰り返し放送することになりますので、再放送手続きが簡単かどうかも、考慮して審査します。

<募集1>コンセプトがユニークな紀行番組

●放送予定 2020年4月以降、BS4K 夜間帯を想定
●採択本数 29分×10本(月1回定時)
●予算上限 1本900万円×本数(管理費込、消費税別)

<募集2>映像の美しさを売りにした本格紀行 独自の世界観があるもの

●放送予定 2020年4月以降、BS4K 夜間帯を想定
●採択本数 29分×5本(数か月に1回)
●予算上限 1本1300万円×本数(管理費込、消費税別)

審査のポイント

・4Kの高精細映像の特性を生かした演出、舞台設定。独自の世界観、個性があること。
 特に<募集1>では、これまでにないコンセプト、スタイルのものを求めます。
・ラインナップと各回のポイントが魅力的であること
・予算の範囲内で、効率的な取材と高いクオリティーの両立が実現できるフォーマット
・タイミングに影響されず、繰り返し放送できる汎用性
・制作会社、プロデューサー、ディレクターの経験と実績、および4K制作の実績
・提案内容と照らし合わせてみた、制作経費概算額や制作体制の適切さ

応募書類※全てインターネットからの応募受付となります

●企画書(フォーマットを利用して1枚)
●<募集1>では10本、<募集2>では5本のラインナップと各回のポイントを記載した資料(書式自由)
●補足資料(必要に応じて添付、写真を貼り付けて頂いても構いません)
●予算見積書、制作プロダクションシート、商業登記簿謄本

※応募資格・書類等に関しては、NHKホームページ『番組制作会社の皆さまへ』の「企画競争番組の公募」をご覧ください。

スケジュール

▽募集開始 10月17日(木)
▽説明会 10月21日(月)15:30~
NHK青山荘 東京都港区南青山5-2-20
※会場が通常と異なりますのでご注意ください。
※企画募集HPから事前の申し込みが必要です。
▽募集締切 11月13日(水)※12時必着
▽採択結果 12月中旬
▽納品予定 2020年4月以降

募集A:第139回 企画募集BS1・国際放送局 ミニドキュメンタリー
※企画競争(番組制作会社)

※締め切りは11月13日(水)12:00時間厳守
12:00を過ぎると応募フォームはページから削除されます。

インターネットでの応募はこちらから →電子応募マニュアル →電子企画書フォーマットサンプル

企画書フォーマットと合わせて、必ず予算見積書と制作プロダクションシートと、商業登記簿謄本を添付してください。

制作プロダクションシートの
ダウンロード(PDF)
見積書フォーマットの
ダウンロード

excel版をご希望の方は、こちらのフォームからご請求ください。

募集内容

BS1と国際放送では、若い感性で描き出す10分のドキュメンタリー番組を2月に募集し、若いディレクターを中心にたくさんの応募がありました。採択した4本は10月に放送しますが、その第2弾を募集します。募集内容は前回同様です。

求めるのは、短い尺にもメッセージ性があり、視聴者を強く引き付けることができる企画です。テーマ・題材は問いませんが、国内を舞台にしたものに限ります。

若い感性で“人間”や “現実”をどう描くか。
10分という限られた時間でどう見せるか。

経験の長い上司や先輩では到底思いつかないような視点、手法で“新しいミニドキュメンタリー”を作り出してください。若い世代や普段BS1を見ない視聴者層にも刺さるような斬新なドキュメンタリーの企画をお待ちしています。

▽放送予定 2020年3月 BS1・NHKワールドJAPAN
10分サイズ

※国際放送向けには、英語版を制作していただきますが、その作業はNHK国際放送局を通して、別途行います。
▽採択本数 5企画程度
▽予算上限 130万円以内(管理費込、消費税別)
※英語版制作費は含みません。
 (英語版制作にかかる費用は、別途NHKで負担します。)
※短期間ロケ・ディレクター取材を想定しています。

審査のポイント

・取り上げる現場や人の面白さ、記録される事象のドラマ性
・ミニドキュメンタリーとしての演出の新しさがあるか
・若い感性ならではの新鮮な企画であること
・提案内容と照らし合わせてみた、制作経費概算額や制作体制の適切さ

※国際放送での放送後、VODにおいて、海外向けに配信します。
 最低2週間、可能であれば6か月~1年配信できる素材であることが、採択の条件となります。
※国際放送では洋楽が使用できませんので、
 洋楽を題材にした企画は採択できないことをあらかじめご了承ください。

国際放送についての補足資料はこちらから。

応募書類※全てインターネットからの応募受付となります

●企画書(フォーマットを利用して1枚)
●補足資料(必要に応じて2枚以内を添付、写真を貼り付けて頂いても構いません)
●予算見積書、制作プロダクションシート、商業登記簿謄本

※応募資格・書類等に関しては、NHKホームページ『番組制作会社の皆さまへ』の「企画競争番組の公募」をご覧ください。

スケジュール

▽募集開始 10月11日(金)
▽説明会 今回説明会は行いません
▽募集締切 11月13日(水)12:00
▽採択結果 12月中旬(予定)
▽納品予定 2020年2月下旬
※放送は、2020年3月を予定


※採択した第1弾の放送予定は、NHKホームページ『番組制作会社の皆さまへ』の「これまで採択した企画」に掲載しています。

募集B制作会社のみなさまから自由な発想による企画

インターネットのみの受付となります。

応募要項については、下段をご覧ください。
受付期間外に応募した企画は翌月分の審査対象となりますのでご注意ください。

インターネットでの応募はこちらから →今回の募集に関するQ&A →電子応募マニュアル →電子企画書フォーマットサンプル

企画書フォーマットと合わせて、必ず予算見積書と制作プロダクションシートと、商業登記簿謄本を添付してください。

制作プロダクションシートの
ダウンロード(PDF)
見積書フォーマットの
ダウンロード

excel版をご希望の方は、こちらのフォームからご請求ください。

制作会社のみなさまから自由な発想による企画を通年で募集しています。
月ごとに受付期間を定めています。

ジャンルやテーマ、演出スタイルは問いませんが、NHKの放送に新風を吹き込む単発、シリーズ企画またはレギュラー開発企画を求めます。世代、性別、趣味など視聴者層を絞った企画、子どもからお年寄りまで幅広い視聴者に見ていただける企画などターゲット設定も自由です。(ただし生放送番組は除きます)

予算 ~3000万円程度
放送枠 地上波・衛星波の随時特集
プライムタイム(特集番組)
深夜(番組開発枠)
土日午後帯

※NHKが放送権のみを予め購入する「予約購入」システムを希望する社は、その旨を書き添えて下さい。
●受付期間外に応募した企画は翌月分の審査対象となりますのでご注意ください。

今後の「募集B」企画受付期間

2019年
・10月1日(火)~10月10日(木) 12:00必着
・11月1日(金)~11月11日(月) 12:00必着
・12月1日(日)~12月10日(火) 12:00必着
 

2020年
・1月6日(月)~1月15日(水) 12:00必着
・2月1日(土)~2月10日(月) 12:00必着
・3月1日(日)~3月10日(火) 12:00必着
・4月1日(水)~4月10日(金) 12:00必着
・5月1日(金)~5月15日(金) 12:00必着
・6月1日(月)~6月10日(水) 12:00必着