主な出演者・キャラクター

みわサン(美輪 明宏)

日本語の魅力を深く楽しく伝えるために、「にほんごの光」で照らす太陽。子どもたちに名文を届けます。心を豊かにするひとことは、大人にも御利益があるかも?

野村 萬斎

声に出す「音」としての日本語の魅力を伝えるために、狂言の「型」を通して、言葉と身体表現を組み合わせ、さまざまな名文やことわざなどを表現します。ご子息・裕基さんとの共演もお楽しみに。

神田 山陽

風の吹くまま気の向くまま、時には異色のコラボレーションで講談を聞かせ、またあるときは、外に飛び出して、いきのいい言葉や美しく味わい深い日本語をお届けします。

人形浄瑠璃文楽

太夫・三味線・人形の三業が一体となって演じる人形浄瑠璃文楽。登場する人形はどれも、文楽の公演で実際に使われている本物で、精巧な仕掛けのある変化人形から、愛らしい動物まで様々です。咲甫太夫のご子息・寿雄さんのご活躍もお楽しみに。

左から 豊竹 咲甫太夫(太夫)
桐竹 勘十郎(主遣い)、桐竹 勘次郎(足遣い)、吉田 簑紫郎(左遣い)
鶴澤 清介(三味線)

中村 勘九郎

古くから人々に愛されてきたヒーローや名台詞がたくさん登場する、歌舞伎。
今年は「桃太郎」や「浦島太郎」などの昔話を舞台に、歌舞伎の名セリフや立ち廻り・舞踏などを散りばめて、より楽しく・親しみやすく歌舞伎の魅力をお伝えします。

コニちゃん

お父さんの椰子の木とお母さんのキラウェア火山から生まれたコニちゃん。得意の相撲もみんなに教えてくれます。

うなりやベベン

昭和の生まれ、うなりの郷出身。空の上で三味線を弾きながら自由自在に歌い語り、大きな声でうなります。

うなりやベベンさんは、ご自身が
国本武春さんの一番弟子だとおっしゃっていました
浪曲師としての活動と一線を画し、子ども達に日本語を楽しく伝えることを望んでいらっしゃいましたので、ご本人とご遺族の意向を尊重して
「にほんごであそぼ」では、うなりやベベンは生き続けます
国本武春さんのご冥福をお祈りいたします

おおたか 静流

童歌から即興まで声を縦横無尽に操るボイスアーティスト。
番組のタイトル通り、作編曲のいたるところ遊び心で彩ります。

藤原 道山

伝統音楽を多くの人々にお届けする尺八演奏家。音色を言葉で表現する「唱歌(しょうが)」で、和楽器の豊かな表情をお伝えします。楽譜に書かれている文字(記譜)のアニメーションでも、音色を表現します。

子どもたち

上段 あもん、てるみ、かいと
下段 さつき、りんか、まり、ほのか

子どもたち

上段 けいと、つきか、はるとも
下段 ひなこ、さゆき