月の歌

あいだのじいさんのうた

作詞:ヨシタケシンスケ
作曲:服部隆之

あいだ あいだ あいだのじいさん
あいだ あいだ あいだのじいさん

何(なに)かのあいだに 入(はい)るのが
三度(さんど)飯(めし)より 好(す)きなんじゃ

ヤカンとヤカンの あ・い・だ!
みかんとみかんの あ・い・だ!
タヌキとタヌキの あ・い・だ!
右足(みぎあし)左足(ひだりあし)の あ・い・だ!

あいだがあったら 入(はい)りたい
あいだのじいさん

今(いま)はコレ、一番(いちばん)二番(にばん)のあいだじゃよ?」

あいだ あいだ あいだのじいさん
あいだ あいだ あいだのじいさん

この世(よ)にあいだが ある限(かぎ)
必(かなら)見(み)つけて 入(はい)込(こ)

布団(ふとん)のあいだは  フワフワじゃ!
レンガのあいだは カチカチじゃ!
芋(いも)のあいだは ホカホカじゃ!
わらじのあいだは ゴワゴワじゃ!

君(きみ)好(す)きなのは どのあいだ?
あいだのじいさん

「わしは、その昔(むかし)明治(めいじ)平成(へいせい)のあいだ、
 春(はる)夏(なつ)のあいだ、夜(よる)朝(あさ)のあいだ、
 お父(とう)さんとお母(かあ)さんのあいだに、
 生(う)まれたんじゃ。

 ちっちゃな頃(ころ)からあいだが好(す)きで、
 いつもどこかに、入(はい)ってた。。」

わしの居場所(いばしょ)は どこにある
あいだを探(さが)して 今日(きょう)行(ゆ)

空(そら)地面(じめん)の あ・い・だ!
嬉(うれ)しいと寂(さび)しいの あ・い・だ!
過去(かこ)未来(みらい)の あ・い・だ!
「あ」と「い」と「だ」と「の」と
「じ」と「い」と「さ」と「ん」の あ・い・だ!

何(なに)かのあいだに 今日(きょう)もいる
あいだのじいさん

「はあ。。。落(お)着(つ)くのう。。」

■解説

なんと、「あいだのじいさん」の歌ができました! さまざまな物の「あいだ」に入ってきたじいさんが、歌の中でもいろいろな「あいだ」に入ります。
「あいだ」は物と物とにだけでなく、「時間」や「気持ち」など、目には見えないものにもあります。そんなさらなる「あいだ」を求めて旅をするじいさんをイメージしています。
歌詞は、あいだのじいさんの生みの親である絵本作家のヨシタケシンスケさんが書きました。じいさんの“歴史”も少しだけ描かれています。
これからも、あいだのじいさんは何かと何かのあいだを求め、入っていきます。もしかしたら、あなたの身近なところにある「あいだ」にも、入るかもしれませんよ。

にほんごであそぼ トップへ戻る