体重・肥満・やせ対策(1/1ページ)

肥満は、生活習慣病や、ひざ・腰などの痛み、睡眠時無呼吸症候群などを引き起こす要因になります。一方、やせすぎでは、栄養が不足して「筋肉」「骨」「軟骨」が弱くなり、転倒をきっかけに寝たきりになるリスクが高まります。若いときからの注意が大切です。