子宮・卵巣・卵管の病気(1/1ページ)

子宮にできる良性の腫瘍を「子宮筋腫」といい、30歳以上の女性のおよそ4人に1人は見つかる身近な病気です。「子宮内膜症」は月経のたびに激しい痛みが起こり、不妊や卵巣がんになるリスクも高まる症状で、月経のある10人に1人が発症するといわれています。どちらも治療の選択は症状にもよりますが、妊娠希望があるかどうかによって変わります。