子どもの病気・トラブル(1/1ページ)

「てんかん」はおよそ100人に1人がかかるといわれていますが、多くは子どものときに発症します。発作が続くと脳の発達が妨げられるので、適切な治療を早く始めることが大切です。また、0~4歳での発症が多い病気に「川崎病」があります。かぜの症状と似ていて見逃しやすいので、気になる症状があれば早めに受診しましょう。