子どもの発達障害(1/1ページ)

“周囲になじめない”“じっと座っていることができない”など特徴的な行動は、個性や性格に近いものと捉えられていますが、日常生活に支障がおきている場合に発達障害となります。相談を受ける専門機関もあります。