がん(1/4ページ)

人の体は常に細胞が新陳代謝していますが、細胞分裂の際に「がん細胞」ができることがあります。がん細胞ができたからといって「がん」を発症するわけではなく、生活習慣や加齢、ウイルス感染などさまざまな要因によってがんになるリスクが高まるといわれています。がんは発症すると増殖を続け、正常な細胞を壊してしまいます。