眠れない・眠りが浅い(1/3ページ)

眠りが浅くなってしまう病気として考えられるのが、睡眠中に無呼吸を繰り返す睡眠時無呼吸です。睡眠時無呼吸は、無呼吸と呼吸再開を繰り返すために眠りが浅くなるため、睡眠の質が大きく低下してしまいます。 眠れない症状を招く病気の一つに、むずむず脚症候群があります。正式にはレストレスレッグス症候群と言い、寝ているときなどに脚を虫がはう、むずむずするといった症状が現れます。