Q&A こころの不調

目次

2019年5月13日(月)~15日(水)放送へのご質問
恋人がパニック症 どう対応すればいい?
社交不安症 向いている職種は?
人目が気になる 悪口を言われるがどうしたらいい?
人前で緊張する 社会復帰はどうしたらいい?
人前で話すと緊張 どう克服する?

2019年5月13日(月)~15日(水)放送へのご質問

恋人がパニック症 どう対応すればいい?

恋人がパニック症を患っています。心の病気について調べると、家族ができることは出てくるのですが、恋人にできることは見つかりません。彼のために私はどのような行動を取るべきなのでしょうか。(18歳 女性)
パニック症の彼のために何かしてあげたいというあなたのやさしさは、本当に素晴らしいですね。家族ができることと恋人ができることはとても近いことだと思います。
どのような行動を一般論として取るべきかというよりも、彼があなたにパニック症についてどのようなことをしてほしいのかということを率直に聞いてみてはどうでしょうか?

ただ困っていることを静かに聞いてほしいという希望の方もいれば、パニック症のために一人では行けない場所に一緒についてきてほしいという希望の方もおられます。「きょうの健康」の放送の中でも、ご紹介しましたが、「怖いと思っていることに慣れていく」ステップで、誰かと一緒ならばできるという段階がありますので、一緒にできそうな少し未来の目標を話し合ってみるのもいいかもしれません。
1か月後はバスに一緒に乗って近くの公園に行くとか、半年後には各駅停車の電車に一緒に乗っておしゃれなカフェに行くとか、1年後には特急列車に乗ってちょっとした日帰り旅行に行くなどが例となる目標です。

また、彼が不安になってきたという時は、ゆっくり呼吸法を一緒にやってみるのもいいでしょう。ただ、彼としては、パニック症のような病気のことは自分で何とかしたいから、あまり、彼女であるあなたに心配をかけたくないと思っている場合もあります。ですから、彼がパニック症のことをあまり話したくないようでしたら、深追いしないで、パニック症以外の話題で、二人の楽しい時間を充実したものにしたほうが、彼の望みかもしれませんね。そのあたりが家族ができることと恋人ができることの違いになるでしょうか。

社交不安症 向いている職種は?

医師からは不安症だね、と診断されました。外出時どこを見て買い物していいか分からず、いつも緊張の中にいます。
仕事も色々しましたが、勝手に緊張し、勝手に辞めてきました。とにかく毎日緊張の連続です。社交不安症の人が就労するのは難しいのですか?また当事者に向いている職種の傾向があれば知りたいです。

今は内職していますが、収入が足りません。一人でする仕事が向いていると思うのです。完璧主義なので集中力は強いのですが、それゆえ職場で浮き、雑談会話が出来ませんでした。周囲に対し過敏に反応し、とても疲れます。
医師からは「発達障害かもね?」とも言われ、自分が何なのか分からず、この先が心配です。病は気からなので、気持ち、性根を入れ替えなければ就職してもまた同じことの繰り返しになりそうで怖いです。

どうしたら先に進めるか?分からず質問しました。(39歳 男性)
外出時どこを見ていいかわからないなど、毎日緊張の連続ということで、本当におつらいことと思います。社交不安症で悩んでいられる方で、自閉スペクトラム症のような発達障害をもともと持っている方は、多くおられます。かかりつけ医の先生から、「発達障害かもね?」と言われたということですから、もう一度、診断について、先生とよく相談されるといいと思います。

一般的に、自閉スペクトラム症の方は、仕事などに完璧主義でこだわりが強く、雑談のような目的のない会話や対人関係があまり好きでないことが多いです。
一方、自閉スペクトラム症でない方は、仕事をそこそこ適当にやることができて、中身のない雑談で笑いあうような対人関係を好きなことが多いのです。

残念ながら、自閉スペクトラム症の方のほうが少数派(およそ60人に1人とされています)なので、他の人との違いで、いろいろと疲れたり、つらい思いをされたりすることが多くあることと思います。生きづらさを減らすため、自閉スペクトラム症の方は、自分の特性(他の人と違うところ)をよく知っていただき、人間関係で悩む場面で、どのようにすればよいのかという対処方法を学んでいただくといいですね。
医師の方に診断していただいて、公認心理師の方から、対処方法についての相談支援を受けることができる場合もあります。また、ハローワークで発達障害の方の就労支援をされている方が窓口におられるようになりましたので、あなたの診断に加えて、自分と思う強みと弱みを伝えて、どのような職種に向いているのかを相談してみてください。

完璧主義で集中力があって目的のある会話を好むあなたのような方に、コミュニケーションはあまり得意でないとしても、働いてほしいと思っている職場は、少しずつ増えてきています。障害者差別解消法という法律が施行され、発達障害や精神障害の方に、合理的配慮を行うことが民間の会社でも努力義務になっております。まずは、自分の困っていることを医療機関やハローワークで相談してみてください。

人目が気になる 悪口を言われるがどうしたらいい?

他人の目が気になります。客観的にみて「ほかの人と変わっていないと知ることが大事」と番組で言っていましたが、実際に容姿が悪く嘲笑されるので、安全行動で人を避けています。実際に人から馬鹿にされたり、変わっていると言われている人はどうしたらいいですか?(44歳 男性)
実際に人から馬鹿にされたり、変わっていると言われるのは、とてもつらいことだと思います。医療機関には、ご相談されたことがございますでしょうか?医師や公認心理師のような専門家に相談してみていただければ、うれしく思います。

「きょうの健康」の番組の中では時間の都合で詳しく紹介できませんでしたが、医療機関で行う認知行動療法は、医師(あるいは公認心理師のようなセラピスト)とマンツーマンで毎週1回50分で連続16週間程度受けていただくのが標準的です。

また、自己主張を上手に行う「アサーティブな」コミュニケーションといって、実際に人から馬鹿にされるようなことを言われたときに、「私はそんなひどいことを言われると悲しくなるので、やめてほしい」というようなメッセージを上手に相手に伝える方法があります。ただ、その「アサーティブな」コミュニケーションの方法も、一人で実際の場面で行うのは難しいこともありますので、ぜひとも医療機関や相談機関の専門家に相談なさってみてください。

人前で緊張する 社会復帰はどうしたらいい?

私は以前、会社の朝礼で極度の緊張から、手足が震えて倒れそうになった事があります。そのトラウマから、薬をのまないと人前に立てなくなりました。そして朝礼が苦痛で会社を辞めてしまいました。スピーチ恐怖の認知行動療法をもう少し詳しくお聞きしたいです。
ビデオフィードバックの例で「親族の前で」とありましたが、親しい間柄だと全く緊張はしません。メンタルクリニックでは薬が処方されるだけでした。社会復帰が出来ず深刻に悩んでいます。宜しくお願いします。(26歳 女性)
会社の朝礼のように大勢の人前は本当に緊張を感じて、つらいですね。
親しい間柄だと全く緊張しないというところは良いスタート地点になります。段階的に不安に向かっていき、慣らしていくという考え方で認知行動療法は進めていきますので、第1段階は、緊張しない「親族の前で」やっていただき、第2段階は、少し緊張する「親友の前で」やって、第3段階は、中くらいに緊張する「友達2人の前で」やって、第4段階は、かなり緊張する「見知らぬ人の前で」やっていくという感じになります。

医療機関で行う認知行動療法は、医師(あるいは公認心理師のようなセラピスト)とマンツーマンで毎週1回50分で連続16週間程度受けていただくのが標準的です。認知行動療法について、医師や公認心理師のような専門家にも相談してみていただければと思います。

人前で話すと緊張 どう克服する?

この病気は周囲の人になかなか理解されないため、無理だと伝えても緊張は誰でもするからと人前で話す事を強要されたりする場合があり、悪循環に陥ります。周りの人に対してどのように伝えたら良いのでしょうか。また同じような状況になった時に、「逃げたいけど逃げてばかりだと変わらない」と思い、回避せずに挑戦しても、動悸とパニックで頭が真っ白になり言葉が詰まってまた落ち込むのですが、どのように克服していけば良いのでしょうか。(43歳 女性)
なかなか理解してもらえないことは、本当につらいですね。すでに、医師から「社交不安症」という診断を受けられているようでしたら、周りの人に「社交不安症という診断を受けています」というように伝えてみるのはどうでしょうか?
場合によっては、医師が、「人前で話すことを強要することがないような「合理的配慮」を職場でする必要がある」などのような内容の診断書を職場の上司にあてて書いてもらって、その通りにしてもらうことも可能です。

「きょうの健康」の番組の中でも紹介させていただきましたが、人前で話す時に、「自分ではなく、相手に注意を向ける」という注意のシフトの練習をしてみると良いでしょう。相手の髪型や服装を覚えておいて、後で他の人に説明できるほど注意を向けるのです。たとえば、相手の髪は、肩まで伸びていて前髪が眉毛にかかってしまっている長さとか、メガネをかけていたとか、左の頬にえくぼができるとか、ネクタイが派手なピンク色だとか、そんな特徴を覚えるほど、注意を向けると、自分に注意が向くことが減って、動悸や頭が真っ白になることを和らげる効果があると思います。

さらに詳しい克服の仕方については、医療機関で認知行動療法を受けられるとよいでしょう。医師(あるいは公認心理師のようなセラピスト)とマンツーマンで毎週1回50分で連続16週間程度受けていただくのが標準的です。

関連する病気の記事一覧

きょうの健康

病気や健康に関する質問を募集!

最近放送したテーマに関する質問を募集しています。
現在、募集中のテーマは「質問を送る」ページでご確認ください。
※各テーマの募集期間は約2週間とし、予告なく終了いたします
※すべてのご質問にお答えできるわけではありませんので、ご了承ください