Q&A 肺MAC症

目次

肺MAC症のよくあるご質問
風呂掃除の方法は?
菌は風呂場でどの程度生き続ける?
発病者の生活上の注意は?
肺MAC症の軽度 胸の不快感があるが治療は始めなくてよい?
非結核性抗酸菌感染症で経過観察中 疲れやすさや息切れは病気の影響?
1剤で大丈夫?
再発の可能性は?
高齢で薬が使えない場合の治療法は?

肺MAC症のよくあるご質問

風呂掃除の方法は?

MAC菌は、お風呂まわりに生息するとありましたが、有効な掃除方法があれば教えてください。
掃除するとき、酸かアルカリか、どちらの洗剤の方が菌に対して効果があるでしょうか?
熱湯を浴槽や壁などにかけるのは効果があるでしょうか?その場合、何度以上で菌は死にますか?
シャワーヘッドをこれくらいで交換するとか、自動お湯はりをするか蛇口から入れるとか、追いだきしても良いのかなど、なんでも結構です。(56歳 女性)
MAC菌(M.avium + M.intracellulare)のうち、風呂場から検出されるのはM.aviumの方です。この菌は42度という、一般の細菌が増殖しにくい高い温度でも増殖する性質をもっています。ユニットバスのお湯の出口(給湯口)についているフィルターより更に奥のパイプに、ぬるぬるしたのりのようなバイオフィルムを形成して、その中でMAC菌は増殖するようです。
したがって40~43度に自動設定されたお湯を出すと、浴槽内に菌が混じって出てきます。水分子の凝集でおこる湯気の中には菌はいないはずなので、お湯に入るだけでは感染しません。感染するのは、MAC菌を含んだ水滴(飛まつ=エアロゾル)が空中に飛び散り、菌に付いた水が蒸発することで空気中にMACが浮遊する場合です。これを肺に吸い込んでMAC症になると考えられます。
ご質問にある「有効な掃除方法」ですが、菌のいるのがフィルターの奥なので結構難しいのです。抗酸菌の細胞壁(菌の表面構造)は、疎水性の脂肪で形成され酸・アルカリ・アルコール・塩素にも抵抗性を示します。
更にこの菌はバイオフィルムに包まれているので、完全消毒は困難でしょう。抗酸菌の弱点は乾燥や紫外線なので、浴槽の乾燥や窓を開けて日光を当てることの方がよいかもしれません。24時間風呂はMAC菌の温床になる可能性があります。

菌は風呂場でどの程度生き続ける?

MAC菌は温かく湿った所にいるということですが、1度すみついた菌が死滅するということはないのですか?
例えば、風呂場のシャワーヘッドにすみついた菌が、その後、風呂場が1週間ぐらい使用されず、乾燥した7、8度の室温の環境でも生きながらえるのでしょうか?(67歳 女性)
日光を当てることや乾燥させることで住み着いた菌は死滅するはずです。シャワーヘッドでも、菌はバイオフィルムというぬるぬるの中で増殖していますが、しっかりと乾燥させることによって菌は死滅するはずです。ただ1週間で大丈夫かは、条件によるのではっきりとはいえません。
風呂の中でどのくらいの時間や温度で乾燥させればよいかなど、詳しい研究はこれからです。ただ日本ではシャワーヘッドより、給湯器とお湯の出口との間のパイプ部分から菌がよく見つかるようです。

発病者の生活上の注意は?

お風呂などでの感染の話がありましたが、既に罹患[りかん]している人も、これ以上の危険リスクを遠ざけるためにお風呂掃除など気をつけないといけないのですか?
それとも予防のためだけの話ですか? どこにでもいる菌を防ぐのは大変難しいです。
すでに発症してしまった場合は、どういう生活、注意が必要なのでしょう?(60歳 女性)
結核菌や非結核性抗酸菌の遺伝子を調べる方法が、進歩してきたことで様々なことが分かってきました。
人間という種でも遺伝子に幅が合って、白人・黒人・黄色人種と違いがあるように、結核菌やMAC菌の遺伝子にもバリエーションがあって、様々なクローンの違いがあり、それを調べる技術が向上してきました。
その結果、肺結核の患者では、同一のクローンの結核菌しかいないのに、MAC症の患者では様々なクローンのMAC菌が肺内に同時にいること(多クローン性感染)が分かってきました。この事実が示すことは、MAC症発病者であっても、その後も新たなMAC菌の感染を受けて肺病変ができるということです。
MAC症の治療中であれば、薬の作用で予防されていると思いますが、未治療のときや治療が終わった後では、やはりMAC菌の感染を受けないようにした方がよいと思います。
風呂に関しては、できる限りお湯をためずに浴槽の乾燥に務めてください。
発病した方の場合、抗酸菌免疫には栄養状態が大きく関与しますので、夏ばてや風邪をひいて体重減少することがないように気をつけて下さい。
もともとやせているのに、肥満体に対して行われるダイエットなどをすることがないようにして下さい。

肺MAC症の軽度 胸の不快感があるが治療は始めなくてよい?

1年余り前に、かっ血して検査の結果肺MAC症と診断されましたが、半年ごとの経過観察のみで、投薬治療は受けていません。医師からは「軽いので」と言われていますが、胸のあたりがボコボコするような不快感があります。
症状の軽いうちに治療を始めたほうが治る可能性が高いということはないのでしょうか?また、MAC症に有効な治療薬がまだないと聞きますが、近い将来新薬が開発されることは期待できないのでしょうか?(52歳 女性)
確かに他の疾患では、早期発見・早期診断がよく言われます。
しかし、MAC症に関しては、早期治療した方がよいかは、医学的には分かっていないのです。軽症のうちから治療しても、排菌が止まらないまま悪化する患者さんもいる一方で、中等症から治療しても十分治る患者さんもいるのです。
まだまだ治療薬の効力が十分とはいえないので、個人の免疫の違いが治療効果に大きく影響するのかも知れません。おそらくボコボコする不快感は、MACの病状とは無関係と思いますので、なるべく気にしないようにすることです。
MAC菌の新薬についてですが、残念ながらこの1-2年間という短いスパンでは出てこないと思います。しかし、4-5年先であれば十分可能性がありそうなので、それを待つ間、肺病変が悪化しないよう体調を保って下さい。

非結核性抗酸菌感染症で経過観察中 疲れやすさや息切れは病気の影響?

去年健康診断で「非結核性抗酸菌感染症とそれによる慢性気管支炎」と診断されましたが、せきやたんの症状がないので経過観察中で、半年後にまたCT検査を受ける予定です。
ただ、普段から疲れやすかったりすぐ息切れしたりすることがあるのですが、この病気の症状でしょうか?この病気の影響と疑って主治医に相談したほうがいいでしょうか?(56歳 女性)
MAC症が中等症・重症まで進んでいれば、疲れやすいとか息切れするとかの症状があっても不思議はありません。しかしせき・たんなどの自覚症状もなく主治医が経過観察でよいとしていることから、質問者のMAC症は軽症と思います。
したがっておっしゃっている症状は、MAC症の症状ではないように思います。しかし認識の違いがあっては困るので、まず、「疲れやすさや息切れが、MAC症に関係する症状と思うか」を、診察の時に主治医に聞いてみたらいかがでしょうか。

1剤で大丈夫?

去年10月に肺MAC症と診断されまた。基本の抗菌剤3剤の服用を始めたところ、1か月ほどでおなかまわりに発疹がでました。
1剤ずつ服用しどれが原因か調べたところ、クラリスロマイシンで発疹がでることがわかりました。今はリファンピシンだけを服用しています。
クラリスロマイシンは肺MAC症の治療に重要な薬と聞いていますが、これが服用できない場合、治療効果は下がるのでしょうか?
また1種類だけ服用しているとすぐに耐性菌ができるとも聞き心配です。(50歳 女性)
結核菌においては薬の効き方を調べる薬剤感受性試験は必須検査です。しかしMAC菌の薬剤感受性試験はクラリスロマイシンのみ意味のある検査です。クラリスロマイシンを単剤で服用していると、始めは感受性でも次第に耐性化してしまいます。これはMAC症の治療においては最も重要な薬剤で、使えなければMAC菌を無くすことはとても難しくなります。
リファンピシンの役割は、クラリスロマイシンの耐性化を予防する補助薬の位置づけで、感受性試験をしても最初から耐性となっています。リファンピシンだけでMAC症を治すことはできません。主治医と相談して今後の治療方針をよく聞いてみて下さい、その上で場合によっては専門医療機関でセカンドオピニオンを受けてはいかがでしょうか。

再発の可能性は?

肺MAC症で、平成26年2月に肺に空洞ができ5月に手術しました。2月から投薬を始め丸3年のんでいます。せき・たんは少しあります。今の所変化はありませんが、薬をやめた時が不安です。再発は避けられないのでしょうか?再発したらもっとひどくなるのでしょうか?(64歳 女性)
空洞病変のあるMAC症なので、手術前に3か月の内服治療を行なって、その後3年ほど治療を続けられているとのこと、喀痰[かくたん]検査でMAC菌が検出されないなら順当な治療経過といえます。
再発の多くは2年以内に起こりますが、それを避けるためにも、主治医は丸3年以上の長期治療を行なっているのだと思います。同じように十分な治療を受けてその後も再発せずに、元気に暮らしているMAC症の患者さんは、たくさんいます。
ただMAC症の患者さんは、十分な治療によって完全に肺内のMAC菌がいなくなっても、環境中からまた新たなMAC菌を吸い込んで再感染することがよくあります。
治療終了後の再感染を予防するには、MAC感染の場所として注目されている園芸や自宅の風呂環境について一考して下さい。腐葉土にはMAC菌が多量に含まれているので、土いじりは避けたほうがよいと思います。
また風呂環境の改善のためには、入浴後すぐに栓を抜いてできる限り浴槽を乾燥させるように心がけて下さい。

高齢で薬が使えない場合の治療法は?

数年前当時80歳の母は、肺MAC症と診断されて、近くの内科で、まず2剤処方をされましたが、自宅で服用後すぐ気分が悪くなるということで服用をやめ、様子をみることになりました。
それから1年過ぎたころより血たんが出るようになったため、総合病院に入院して代表的な3剤が処方されましたが、服用翌日から40度近くの発熱が続き、結局3日で服用を中止しました。
その後、血たんの量も増えたり、せきも出たり、倦怠感など症状がいろいろ出てきましたが、治療をあきらめて過ごしました。
高齢で副作用が強く出る人は、ほかに何か治療の方法はあったのでしょうか?(60歳 女性)
最初2剤を使用して、次に3剤が使われていますが、この中で一番重要なのはクラリスロマイシンです。クラリスロマイシンが副作用の原因かどうか確かめたでしょうか?私だったら、1週間程度クラリスロマイシンだけを服用してもらって、のめるかどうか確認します。それでも副作用が出てしまうようなら、本格的な治療は諦めることになります。
いろいろな工夫をしても、MAC症の薬が全くのめない高齢の患者さんは、決して珍しくありません。その場合は、完治を目指す方針はやめて、自覚症状が強くなった時に、アミノグリコシド系の注射薬を適宜使って病気の勢いを抑えることを考えます。
聴力障害や腎障害の副作用があるので、耳の遠い人や腎臓の悪い人には使えませんが、のみ薬と違って食欲低下や気分不良などの副作用はないので比較的使いやすい薬です。ただ週に3回程度の間隔での注射が必要なので、注射してくれる医療機関を探してお願いしています。

関連する病気の記事一覧

きょうの健康

病気や健康に関する質問を募集!

最近放送したテーマに関する質問を募集しています。
現在、募集中のテーマは「質問を送る」ページでご確認ください。
※各テーマの募集期間は約2週間とし、予告なく終了いたします
※すべてのご質問にお答えできるわけではありませんので、ご了承ください