Q&A 正常圧水頭症

目次

正常圧水頭症のよくあるご質問
これは正常圧水頭症?
手術を嫌がる
タップテスト以外に手術の有効性を確かめる方法は?

正常圧水頭症のよくあるご質問

これは正常圧水頭症?

歩行障害
外出時は緊張しているのでどうやら歩ける(速度は遅く、外股)が、第1歩が出しにくい。家の中では伝い歩き。階段の昇降・走ること・方向転換は難しい。バランス取れず、ふらつく。

尿
もれることはないが、頻尿(殊に夜間)

物忘れ
自覚症状はない。10年前脊柱管狭窄[きょうさく]手術、昨年頚椎[けいつい]症手術後も以上の症状があるが、医者は「加齢のせい」と言うだけ。
放送を見て当てはまるので相談したく、お願いします。(82歳女性)

症状からは特発性正常圧水頭症の可能性もあると思います。頭のMRIは撮ったことがあるのでしょうか。もしもまだであれば、一度撮ってもらってはどうかと思います。放送でもご説明しましたが、頭のMRIで脳室が大きくなっている、高位円蓋部の脳脊髄液が流れているはずの部分(脳と頭蓋骨の間の隙間)が狭くなっているなどの結果があれば、正常圧水頭症の可能性がより高くなります。ただし正常圧水頭症であったとしても、脊柱管狭窄症と頚椎症がおありとのことなので、シャント術をした方がいいかどうかは、先生と十分にご相談してください。タップテスト(髄液排除試験)などを含めたいろいろな評価が必要だと思います。

手術を嫌がる

81歳父について
父81歳4、5年前から歩行障害と物忘れがありますが、手術を嫌がっています。このまま過ごさせて良いのか迷いがあり、どうしたらよいか?
父の知人が、管が詰まって再度手術をしています。何度も受ける必要も出てくるのでしょうか。よろしくお願いします。(54歳女性)

正常圧水頭症と診断されて、主治医の先生から手術を勧められているが、躊躇されているという状況だと仮定して回答いたします。特発性正常圧水頭症と診断され、この疾患による症状が明確にあるのであれば、なるべく早い段階で手術をした方が良いと思います。シャント術の時期が遅くなると、シャント術後の改善の度合いが悪くなると考えられていますから。放送でお話ししたL-Pシャント術は頭には傷がつきませんが、シャントチューブの不具合はV-Pシャント術より多いと考えられています。最近、我が国で行われた研究では、87人のL-Pシャント術を受けた患者さんのうち6人(約7%)にシャントチューブの入れ替えが必要でした。シャント術を受けた後1年間の割合です。繰り返し何度も入れ直す人は稀だとは思いますが、L-Pシャント術をご希望される場合は、L-Pシャント術をよく行っている施設でお受けになる方がいいかもしれません。

タップテスト以外に手術の有効性を確かめる方法は?

78歳父について
78歳の父が『水頭症』と思われ腰から水を抜く検査をしましたが、その後、歩行や尿もれなどに改善はほとんど見受けられませんでした。
医師からの説明も曖昧で、水頭症の施術を受けて改善点されるか不透明なため、決めかねています。
その手術をすることが、有効か否かを見極める他の方法や検討すべき点はないのでしょうか?(45歳女性)

髄液排除試験で症状が改善しない場合、私たちは、もう一度、頭部のMRI写真をはじめとするいろいろな検査データを確認したり、水頭症とよく似た症状をもつ血管性認知症やパーキンソン病の可能性はないかなどを確認するために追加の検査を行ったりします。また数ヶ月間、歩行障害、認知障害、排尿障害を中心とした症状がどのように変わるかなどについて経過観察を行います。その結果でも、正常圧水頭症の可能性がやはり高いと考えた場合は、再度、髄液排除試験を行うのが一般的だと思います。

関連する病気の記事一覧

きょうの健康

病気や健康に関する質問を募集!

最近放送したテーマに関する質問を募集しています。
現在、募集中のテーマは「質問を送る」ページでご確認ください。
※各テーマの募集期間は約2週間とし、予告なく終了いたします
※すべてのご質問にお答えできるわけではありませんので、ご了承ください