Q&A 骨盤臓器脱

目次

骨盤臓器脱のよくあるご質問
骨盤臓器脱 治療は?
ペッサリーでの治療
骨盤臓器脱の手術
骨盤臓器脱・ぼうこう瘤[りゅう]の手術

骨盤臓器脱のよくあるご質問

骨盤臓器脱 治療は?

4年ほど前にペッサリーをいれはじめましたが、ここ2年ほどはずしていました。違和感を感じるようになり、再度ペッサリーをいれたら、尿もれが激しくなり困惑しています。総合病院で診察をうけたところ、手術の必要はないとの事。放送をみていたら最終的には手術が必要といわれたので、どのようにしたらいいのか迷っています。(78歳 女性)
尿失禁は尿道が動きすぎることで起こりますが、骨盤臓器脱でも尿失禁の症状が出ないことは良くあります。症状がないのにペッサリーや手術で臓器脱を矯正してしまうと、かえって尿失禁の症状が出てしまうことがあるのです。対策としては、臓器脱の程度にもよりますが、まず骨盤底筋体操を頑張って続けてみることだと思います。尿失禁の原因が腹圧であれば、体操の効果が期待できます。臓器脱の程度が強ければ、まず骨盤臓器脱の手術を受けてみるとよいでしょう。そして、手術しても尿失禁の症状が消えない、または一度おさまったが症状が再度出た場合は、骨盤臓器脱の手術から3か月ほど間をあけて尿失禁の手術を受けるとよいでしょう。尿失禁の手術はTVT手術とTOT手術があり、共に体に負担のない手術になります。

ペッサリーでの治療

地元の病院でペッサリーを2年間、2か月に一度、洗浄通院。昨年12月初旬に2度目の交換の直後に出血したので、12月末、都内の大学病院を受診。炎症はあるが洗浄は半年に一度で良いと言われたが、5月から現在までに時々、1日に1回、多くて2~3回、腹圧性尿もれ対策のナプキンに、おりもののシミがつく事がある。トイレ時にナプキンを見て気がつく。このまま、おりものが出る時があっても、異物が入っているせいと気にせずにいて大丈夫か?また、毎日、排便はあるが、時折、固い排便時に、ペッサリーが下がってきているのがわかり抑えて排便。排便後は、自然に元に戻るので、大丈夫か?自分で洗えるペッサリーは出し入れの際に傷がついたりしないのか?産婦人科なら、どこでも対応して頂けますか?(68歳 女性)
お困りの症状はペッサリーで良くみられるものです。やはり洗浄は3か月に1回が望ましいです。頻繁に洗浄すると、膣[ちつ]に炎症がおきやすく、おりものが増えたりや出血がみられることが多くなります。そのような場合は、一度ペッサリーを取り外して膣を休ませてあげるのも一つの方法です。排便時にペッサリーを押し込みながら行うのはよい方法です。やはりペッサリーをずっと使い続けるのは難しいことの方が多いです。それでも、ペッサリー自己管理法で、自分で着脱できるペッサリーを使うようになると、腟への負担が少なくなるので、長期にわたり使用が可能となります。自分で出し入れしても膣を傷つけることはまずありませんが、まだ自己管理法を提示してくる産婦人科は残念ながら少数派であると思われます。

骨盤臓器脱の手術

子宮脱の腹くう鏡下子宮膣仙骨[せんこつ]手術をしたら、子宮のみならず直腸とぼうこうもつり上げられ、尿もれ、便もれもともに改善するのでしょうか?
術後も骨盤底筋自体が元通りに戻ったわけではないので、性交渉はできたとしても、男性側からすると膣の締りがゆるいままで、あまりよく感じないのですか?誰にも聞くに聞けず、心配です。どうかご教示願いします。(42歳 女性)
そのとおりで、ダブルメッシュ法を用いた場合は腹くう鏡下仙骨膣固定術によってぼうこう・直腸瘤[りゅう]を矯正できます。腹腔鏡下仙骨膣固定術では膣はあくまで自然な状態を保ち、深くなります。締まりとは無関係です。お産などによる膣の緩みに対しては、骨盤底筋体操が有効です。

骨盤臓器脱・ぼうこう瘤[りゅう]の手術

1 LSC手術は高齢者でもできるのですか、何歳まで可能ですか?
2 TVM手術の場合術後に何かあればメッシュはもとに戻すことはできるのですか?
3 臓器が下に出てしまってもそのままの状態で生活しても臓器は大丈夫ですか?
1 基礎体力があれば、高齢でも可能です。目安は大体85歳くらいまでです。
2 多くの場合、可能です。メッシュにより痛みが生じたときなどはメッシュを抜去することがあります。
3 骨盤臓器脱(この方の場合、ぼうこう瘤)が高度になると、排尿困難がおこり腎臓機能が落ちてしまうことがあります。それ以外は、臓器脱で膣壁が脱出しても擦れて出血する程度で、臓器の損傷などは起きません。我慢するあまりに生活の質まで落ちるようであれば、思い切って手術を受けてみて、活動的な生活を取り戻して頂きたいと思います。

関連する病気の記事一覧

きょうの健康

病気や健康に関する質問を募集!

最近放送したテーマに関する質問を募集しています。
現在、募集中のテーマは「質問を送る」ページでご確認ください。
※各テーマの募集期間は約2週間とし、予告なく終了いたします
※すべてのご質問にお答えできるわけではありませんので、ご了承ください