【Q&A】すい臓がん発見のための検査項目は?

更新日

家族がすい臓がんで亡くなりました。毎年の健康診断では異常がなかったうえ、腹部超音波検査も受けていましたが、がんが見つかったときはステージ4の末期でした。
健康診断や人間ドックですい臓がんの疑いを知るには、どの項目をチェックするといいのですか? (40歳男性)"

専門家による回答

腹部超音波検査(US)は受診者の負担が少なく、最も広く行われている優れた検査法です。
一方、すい臓は長さが15cm程度あり、また胃の背側に位置しており、胃内のガスや腹壁の脂肪などの影響で、受診者のすい臓をすべて観察できないことがあります。USを受けられた際には、検査の担当者に「私のすい臓はよく見えましたか?」と確認されてもよいでしょう。
観察が不良の場合、MRI(MRCP)の施行を検討されてもよいでしょう。血液検査の項目では、アミラーゼやリパーゼなどのすい酵素、CEA、CA19-9などの腫瘍マーカーの数値にご注意ください。

(2017年1月26日(木)放送関連)

関連する病気の記事一覧