2017年06月05日(月)放送

今さら聞けない!歯と口の健康情報「歯周病」

歯周病とは

歯周病①
歯周病②

 歯のネバネバとした付着物を「プラーク」といいます。これは口の中にいる細菌と、その細菌が出した代謝物の塊です。プラークは、口のケアが十分でない場合や、糖分を摂取しすぎたときに増えていきます。歯周病は、このプラークの中にいる歯周病菌が悪さをして、歯ぐきに炎症を起こす病気です。重症化すると、やがて歯ぐきや歯ぐきの中にある骨(歯槽骨)などが破壊され、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病かも?チェックリスト

歯周病チェックリスト

 歯周病になると、右のような症状が出ることがあります。
 この項目にいくつか当てはまる場合は、歯周病の可能性があります。
 初期の歯周病であれば、しっかりとセルフケアをすれば改善が期待できますが、それでも良くならない場合や、上記の項目に多く当てはまるひとは受診をお勧めします。

歯周病の治療

治療
スクラッビング法実演
バス法実演

 歯周病が疑われて歯科を受診した場合、まず、歯や歯ぐきの状態を調べる「歯周組織検査」を行います。この検査で歯周病と診断された場合に、「歯磨きの指導」と「歯石の除去」を行います。その後、「再評価」を行い、改善がみられない場合は「歯周外科手術」を行います。
 歯周病と診断された場合、まず行うのが歯磨きの指導です。歯周病の原因はプラークですから、自分で行う毎日のケアが重要です。歯磨きのポイントは、歯ブラシを鉛筆を持つように持つこと、また歯ぐきを傷めてしまうことがあるので、力を入れたゴシゴシ洗いは避けることです。
 歯に対してブラシを90度に当てて磨く「スクラッビング法」や歯と歯ぐきの間にブラシを45度に当てて磨く「バス法」などの磨き方は効果的にプラークを落とすことができます。

歯石の除去

歯石
スケーラ-

 歯石とは、プラークがミネラルなどを吸着して石のように硬くなったものです。軽石のように穴があり、そこが細菌のすみかとなって毒素をため込みます。この毒素が歯周病の炎症を進めてしまいます。歯石は歯科でスケーラ-という器具を使用して除去します。手用スケーラ-で、削り取る方法と超音波スケーラ-で粉砕する方法の二種類あります。
 また、歯石の除去とセットで、歯石プラークの毒素がしみこんでしまった歯の部分を取り除き、表面をなめらかにする、「ルートプレーニング」も行います。

歯周外科手術

フラップ手術
歯周組織再生治療

 再評価でも改善がみられない場合に、「歯周外科手術」を行うことがあります。手術にもさまざまな種類がありますが、歯周ポケットの深い所に歯石がある場合には「フラップ手術」を行います。この手術では、メスで歯ぐきを切開し、歯石を取り、ルートプレーニングをした後、歯ぐきを元に戻して縫い合わせます。最近では、フラップ手術と合わせて「歯周組織再生治療」を行うこともあります。人工の特殊な膜「GTR膜」や特殊なタンパク質を使って、歯を支える骨などの組織を再生する治療です。

※2017年6月現在の情報です。

今さら聞けない!歯と口の健康情報「歯周病」の詳しい内容については、きょうの健康テキスト6月号に掲載されています。
きょうの健康テキスト6月号