2017年02月14日(火)放送

肺の病気 総力特集「肺MAC症」

肺MAC症とは

42℃で繁殖しやすい
感染

 肺MAC症は、MAC菌という、結核菌によく似た菌の感染によって起こる肺の病気です。最近、CT検査や遺伝子検査の普及により、発病している人が多いことがわかってきました。日本では際立って増えており、肺MAC症でなくなる人は年間1000人以上と推測されます。急増している原因として風呂場での感染増加が考えられています。MAC菌は、42℃前後の温度で繁殖しやすいため、気密性の高い風呂場が最適な環境なのです。MAC菌は、土や水の中のほか、浴槽のお湯の注ぎ口やシャワーヘッドのぬめりや湯あかにいます。そうした場で、しぶきや霧状の水滴、土ぼこりが発生し、その中のMAC菌を肺に吸い込むと感染すると考えられています。

肺MAC症の症状

せきやたんなど
発熱や全身のだるさなど

 MAC菌は、結核菌と比べて病原性が弱いため、感染後は症状のない状態がしばらく続きます。肺の炎症が進むと、せきやたん、血の混じったたんなどの症状が現れます。ただし、結核と違い人から人へ感染することはありません。進行すると、一時的な発熱や全身のだるさ、食欲低下による体重減少などが起こってきます。さらに進むと、自力で十分呼吸をするのが難しくなって酸素療法が必要になり、呼吸困難で危険な状態に陥ることがあります。肺MAC症は、こうした症状が10年以上かけてゆっくりと進行していきます。

肺MAC症 なりやすさチェック

チェック①
チェック②

 当てはまる項目が多いほど、肺MAC症になりやすいと考えられます。
 肺MAC症と診断された患者さんの多くにみられるのが、40歳以上の女性で、きまじめな性格、ストレスを感じやすい、小食、やせ形、胃の働きがあまりよくないといった特徴です。その理由として、まめに風呂掃除をすることが多い、免疫の働きがあまりよくないことが推測されています。こうした特徴を持つ人が、換気せずに風呂場を掃除する、汚れたシャワーヘッドを使用する、土をよくいじるなど、感染しやすい習慣や行動をとることで肺MAC症に感染しやすいと考えられています。これらの項目に当てはまる人は、特に肺MAC症に注意することが大事です。せきやたんが1か月以上続いたり、血の混じったたんが出たりした場合、呼吸器科など専門医を受診してください。症状のない段階で早期発見するためには、健康診断の胸部エックス線検査を定期的に受けることがすすめられます。

肺MAC症の治療

治療

 肺MAC症と診断された場合、症状がなければ治療をせずに経過観察を行うこともあります。治療を行う場合、基本は抗菌薬で、さまざまな感染症に使うクラリスロマイシンと、結核に用いるリファンピシン、エタンブトールの3種類の薬を服用します。中等度や重度の場合は、のみ薬のほかに抗菌薬の注射を2か月ほど行うことがあります。患者さんの70%以上は1か月ほどで症状が治まり、約30%は再発や再感染が起こります。そのため、2~4年間程度は薬をのみ続ける必要があります。肺に空洞ができている場合は薬が効きにくいため、その部分を切除する手術を検討します。また気管支が拡張するタイプでも、MAC菌の増殖が止まらない場合は手術を検討することがあります。

肺MAC症の予防対策

風呂掃除の際は

 MAC菌に感染するケースの多くは風呂場と考えられています。感染予防のために、風呂掃除の際は換気をして、水しぶきが立たないように洗面器などに水をくんで洗い流します。市販されている、微粒子を防ぎやすいN95マスクを使う方法もあります。ぬめりや湯あかを除去し、お湯の注ぎ口やシャワーヘッドもしっかり掃除します。肺MAC症にかかったことがある人や、なりやすさチェックに当てはまる人は、風呂掃除を誰かに代わってもらうという方法もあります。

※2017年2月現在の情報です。

詳しい内容については、きょうの健康テキスト2月号に掲載されています。
きょうの健康テキスト2月号