ホーム > 過去のテーマ 一覧 > 大腸の病気 最新情報「クローン病」

メールで知らせる

クリックするとNHKサイトを離れます

過去のテーマ内容を印刷

2013年11月14日(木)放送

大腸の病気 最新情報「クローン病」

クローン病とは

クローン病 消化管のどこにでも発症

 クローン病とは、口から食道、胃、小腸、大腸、肛門に至る消化管のどこにでも原因不明の炎症が起きる病気で、多くは10~20歳代の若い年代に発症します。消化管の中でも起こる頻度が高いのは小腸や大腸で、小腸のみに炎症が起こる小腸型、小腸と大腸の両方に炎症が起こる小腸大腸型、大腸のみに炎症が起こる大腸型に大別されます。主な症状は、腹痛と下痢です。腹痛がなくても、肛門に裂肛[れっこう]や痔ろうが起こったり、血便や、発熱が起こることもあります。進行すると貧血、体重減少や、成長障害を起こすケースもあります。

病気の特徴

クローン病の進行

 クローン病は、残念ながら現在のところ完治が難しく、炎症や症状が起こっている時期と症状が緩和されている時期を繰り返しながら進行していきます。早期に適切な治療を受けないと、再び炎症や症状が起こる再燃を繰り返しやすく、次第に病状が進行します。腸管の一部が狭くなる狭さく、腸管とほかの臓器の間などにトンネル状の通り道ができるろう孔、深い潰瘍ができて腸管にあなが開くせん孔などの合併症を起こし、外科的手術が必要となるケースも少なくありません。このような状態を起こさないために、腹痛や下痢が続くときは消化器科の専門医を受診し、早めに検査・診断を受けることが大切です。

検査

クローン病の検査

 クローン病は、炎症がどこに起こっているかがわかりにくく、大腸に異常が見つけられなかった場合に過敏性腸症候群と診断されることもあります。診察では問診のほか、便検査血液検査、エックス線検査や内視鏡検査などの画像検査が行われます。最近は、口から飲み込み、消化管を内蔵カメラで連続撮影したあと肛門から排出されるカプセル内視鏡や、内視鏡の先端についたバルーンを膨らませることで小腸の奥まで挿入できるバルーン小腸内視鏡などにより、小腸も調べることができるようになりました。また、超音波検査やCT(コンピュータ断層撮影)検査、MRI(磁気共鳴画像)検査なども行われます。

治療

クローン病の主な薬

 クローン病の治療の中心は、炎症や症状を緩和する薬物療法です。症状が軽症の場合は5-アミノサリチル酸製剤を、症状が進んでいる場合には、ステロイド薬や免疫調節薬、抗TNF-抗体製剤などを用います。病気を進行させないためには、症状が緩和されている期間も薬を使い続けることが大切です。また、病状に応じて、活性化した白血球のうち顆粒球と呼ばれる成分を除去するために、顆粒球除去療法を行うこともあります。狭さくやろう孔、せん孔がすでに起きているなどの場合は、狭さくを広げたり、腸管を切除する手術を行うケースもあります。栄養状態によっては、点滴などによる栄養療法も行われます。
 日常生活では、「暴飲暴食をしない」「動物性脂肪を控えめにする」「不摂生をしない」「ストレスをためない」などに気をつけることが大切です。喫煙している場合は必ず禁煙をし、アルコールの摂取も控えめにしましょう。