ホーム > 過去のテーマ 一覧 > 気になる頭痛 解消法「あなたのタイプは?」

メールで知らせる

クリックするとNHKサイトを離れます

過去のテーマ内容を印刷

2013年01月21日(月)放送

気になる頭痛 解消法「あなたのタイプは?」

頭痛のタイプ

頭痛にはさまざまなタイプがありますが、大別すると、ほかに原因のない一次性頭痛と、原因となる病気があってその症状の1つとして起こる二次性頭痛があります。一次性頭痛は慢性頭痛とも呼ばれ、主なものには片頭痛緊張型頭痛があります。二次性頭痛は二日酔いやかぜに伴う頭痛のように特別な治療が必要ないものもありますが、くも膜下出血脳腫瘍髄膜炎など脳の疾患に伴う頭痛は、命に関わることもある危険な頭痛です。これまでに経験したことのないような激しい頭痛が突然起こったり、ふだんの頭痛とは違うと感じたら、危険な頭痛を疑って一刻も早く受診し、治療を受ける必要があります。

慢性頭痛のタイプを知る

慢性頭痛のうち、片頭痛と緊張型頭痛では治療法が異なるので、自分の頭痛がどのタイプかを知ることが大切です。正確な診断のためには、医師は「どんなときに頭痛が起こるか」「痛み方や痛みの程度」「吐き気など頭痛に伴って起こる症状(随伴症状)」などを詳しく知ることが必要があります。そのため、患者さんは「頭痛が起こった日時や状況」「頭痛の程度」「使用した薬」「随伴症状」女性の場合は「月経」、などについて記録しておき、受診時に医師に伝えると役立ちます。手帳などに記録するほか、医療機関から提供される頭痛ダイアリーも利用するとよいでしょう。そこから、頭痛の傾向を読み取ることができます。

頭痛ダイアリーからわかること


「痛みが強い」「週末に強い頭痛が起こる」「吐き気」などがあれば、典型的な片頭痛の症状があるといえます。この場合はトリプタンという薬を正しく使うことで、痛みを抑え込むことができます。「頭の全体が締め付けられるように痛む」「平日の夕方に多い」「痛みはそれほど強くない」といった場合は緊張型頭痛と考えられます。首や肩の筋肉のこりやはりが頭痛を招くと考えられるので、筋肉をほぐすストレッチや体操を行ったり、入浴などで対処できます。
頻度は低いのですが、慢性頭痛の1つに群発頭痛と呼ばれるタイプもあります。毎日決まった時間に起こる、片方の目の奥が激しく痛む、などの特徴があります。また、頭痛薬を安易に頻繁に使い続けると、薬物乱用頭痛に陥る恐れがあります。週に2~3日以上薬を使うことが続く場合は注意が必要です。