ホーム > きょうの健康 > 過去のテーマ 一覧 > 気になる"できもの"「帯状疱疹」

きょうの健康

【Eテレ月曜日~木曜日20時30分~20時45分/再放送(翌週)13時35分~13時50分】

メールで知らせる

クリックするとNHKサイトを離れます

過去のテーマ内容を印刷

2011年02月24日(木)放送

気になる"できもの"「帯状疱疹」

帯状疱疹とは?


発症のしくみ

帯状疱疹の経過

帯状疱疹の治療

予防ワクチン 特に必要な人

帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、体の片側に赤い発疹が帯状に並ぶ症状からついた病名です。発症のピークは20~30歳代と、50~60歳代で、子どものときに多くの人がかかる水ぼうそう(水痘・すいとう)と同じ、水痘帯状疱疹ウイルスによって起こります。水痘のウイルスは水ぼうそうの症状が治まったあとも死滅せず、知覚神経の奥の神経節に潜伏します。このウイルスが再び活動を始め、皮膚に症状を起こすのが帯状疱疹です。一般に、ストレスや過労があったり、糖尿病・膠原病・腎障害・ぜんそくなどの持病がある場合や、妊娠などが帯状疱疹発症のきっかけになるといわれます。

症状と経過

帯状疱疹の経過の特徴は、発疹が出る5~6日前から神経痛のようなピリピリとした疼痛が起こることです。皮膚表面の赤みが増すとともに、痛みは徐々に強くなります。しばらくすると赤い発疹が出てきて水泡になり、のう胞ができてから潰瘍になり、かさぶたになって治るという経過をたどります。積極的に治療を行わない場合は、治るまでに3~4週間かかります。
治療開始が遅れたりして重症化すると、顔面神経麻痺や難聴、帯状疱疹後神経痛などの後遺症が起こることがあります。このような後遺症を起こさないためにも、症状に早く気づき、早く受診して治療を開始することが大切です。

帯状疱疹の治療

帯状疱疹の治療の目的は「ウイルスの増殖を抑える」「皮膚の炎症を抑える」「痛みを抑える」ことです。ウイルスの増殖を抑えるには、抗ウイルス薬が使われます。内服と点滴があり、軽症でも初期から服用すると、重症化を防ぐ効果が見られます。皮膚の炎症を抑えるには抗炎症薬を服用します。痛みには、鎮痛薬・抗うつ薬・ステロイド薬・抗けいれん薬などを内服します。神経ブロックなどの治療を行うこともあります。
近年、水痘ワクチンの接種を受けておくと帯状疱疹が発症しにくく、発症しても重症化しにくいことがわかってきました。50歳以上の人で、多忙かつストレスの多い場合などは、予防ワクチンの接種が勧められます。