ホーム > 過去のテーマ 一覧 > 痛いだけじゃない!痛風の予防と治療「痛風を防ぐ生活」

メールで知らせる

クリックするとNHKサイトを離れます

過去のテーマ内容を印刷

2009年04月22日(水)放送

痛いだけじゃない!痛風の予防と治療「痛風を防ぐ生活」

Q 生活改善の方法は?

食べすぎない


尿酸値を下げる生活習慣

食生活の改善

「痛風・高尿酸血症」の治療では、生活習慣の改善を行うことが大切です。その一つが、食生活の改善です。患者さんの多くは、食事からとるエネルギー量が多すぎます。毎日の食事の量や内容を見直し、腹八分目を心がけましょう。また、夜遅い時間には、食べたり飲んだりしないようにしましょう。
レバーなどの動物の内臓や、魚の干物などには、プリン体が多く含まれています。プリン体が分解されると尿酸がつくられますので、これらの食品を、大量に食べたり、頻繁に食べたりしないようにしましょう。お酒は、種類に関係なく、飲みすぎないようにすることが大切です。

適度に運動する

適度な運動は、肥満の解消や、「痛風・高尿酸血症」をはじめ生活習慣病を改善させる効果が期待できます。ただし、呼吸を止めて強い力を出すような激しい運動は、尿酸値に悪影響を与えます。ウオーキングなど、十分に酸素を取り入れながら体を動かす有酸素運動が勧められます。
忙しくて、運動の時間をとれない人も多いかもしれません。「電車やバスを降りて1駅分歩く」「エレベーターなどを使わず階段を使う」「職場では遠くのトイレを利用する」など日常生活の工夫で、できるだけ歩くようにしましょう。歩数計で歩数をチェックし、徐々に歩く距離を伸ばすのもお勧めです。

ストレスを解消する

詳しいことはわかっていませんが、過度のストレスは尿酸値を上げてしまいます。患者さんには、負けず嫌いで責任感が強く、精力的に行動するタイプの人が多く、つい頑張りすぎて、過剰なストレスを受けがちです。ストレスを自覚していない人も多いようです。
生きていくうえでは、頑張ることも大切ですが、休養をとったり、のんびりと趣味を楽しんだりすることも大切です。頑張りすぎて過剰なストレスを受け、それが尿酸値をより高めているかもしれません。自分なりのリラックス法を見つけ、心身の緊張を解きほぐすようにしましょう。