ホーム >きょうの健康

今週のテーマ過去のテーマ 一覧

  • 07月28日(月)

    【再放送】08月04日(月)

  • 07月29日(火)

    【再放送】08月05日(火)

  • 07月30日(水)

    【再放送】08月06日(水)

  • 07月31日(木)

    【再放送】08月07日(木)

  • (アンコール)パーキンソン病 進行を防ぐ
    「こんな症状に注意」
    パーキンソン病は脳の異常によって体の動きに障害が現れます。動作が遅い・少ない・小さい、手足が震える、バランスを取りにくいなどが特徴的で、早期発見と診断が大切です。
  • (アンコール)パーキンソン病 進行を防ぐ
    「治療は早く始めよう」
    パーキンソン病では脳で不足したドパミンを薬で補う。早期の段階から薬を使い始めると症状を長期間抑えることが出来る。薬はドパミンアゴニストとL-ドパを効果的に使う。
  • (アンコール)パーキンソン病 進行を防ぐ
    「リハビリも早期から」
    パーキンソン病にはリハビリも欠かせない。「筋力をつける」「バランスを保つ」「ストレッチ」などの簡単な運動を理学療法士が実演。他に大きな声で話す、歌うのも有効。
  • (アンコール)パーキンソン病 進行を防ぐ
    「患者を支える」
    パーキンソン病は症状を改善しながら長く付き合える。家族は病気を正しく理解して協力する事が大切。家の中の安全確保、食事や薬の飲み方など、よく寄せられる相談に答える。
  • 国立精神・神経医療研究センター
    パーキンソン病・運動障害疾患センター センター長

    村田 美穂
    (むらた・みほ)
    詳細ページへ
  • 国立精神・神経医療研究センター
    パーキンソン病・運動障害疾患センター センター長

    村田 美穂
    (むらた・みほ)
  • 国立精神・神経医療研究センター
    パーキンソン病・運動障害疾患センター センター長

    村田 美穂
    (むらた・みほ)
    国立精神・神経医療研究センター 理学療法士
    板東 杏太
    (ばんどう・きょうた)
  • 国立精神・神経医療研究センター
    パーキンソン病・運動障害疾患センター センター長

    村田 美穂
    (むらた・みほ)

※ 放送の日時が変更、休止になる場合があります。詳しくは番組表を参考にご覧ください。

チョイス過去のテーマ 一覧

前回のテーマ今回のテーマ次回のテーマ

  • 07月26日(土)
  • 08月02日(土)
  • 08月09日(土)
  • (アンコール)運動不足を解消
    「運動は体に良い」とわかっていても、運動する時間もないし、 運動は嫌いだし、始めても長続きしないという人が多い。しかし、とっておきの「チョイス」なら無理せず、確実に筋力がアップ!生活習慣病の予防につながるだけでなく、寝たきり防止にもなる! 年代別のオススメの運動を紹介して、運動不足解消の秘訣を大公開する!
  • 食道がんをくい止めろ
    普段意識することがない食道。がんができても自覚症状はほとんどなく、転移しやすい。そこで食道がんを早期発見し治療するための選択肢を詳しく紹介する。
  • (アンコール)おしっこの悩み
    おしっこの悩みで最も多いのが「頻尿」。年のせいと思ったら大間違い。ぼうこうの異常が原因だ。さらに命の危険に直面する頻尿もある。頻尿の診断と治療のチョイスを詳しく紹介する。
  • 国立健康・栄養研究所 部長
    宮地 元彦(みやち・もとひこ)
    詳細ページへ
  • 東京医科歯科大学 食道外科
    川田 研郎(かわだ・けんろう)
    東京都豊島病院 放射線科
    渋谷 均(しぶや・ひとし)
  • 日本大学教授 日本大学医学部附属板橋病院 泌尿器科
    高橋 悟(たかはし・さとる)

テキスト

購入を希望の方は書店か、NHK出版お客様注文センター0570-000-321 まで。
クリックするとNHKサイトを離れます。

きょうの健康テキスト
きょうの健康
テキスト

NHKテキスト電子版2013

おすすめ健康レシピ

おすすめ運動・体操

気になる病気