拡張型心筋症の症状(/ページ)

拡張型心筋症は、心臓の筋肉を収縮する機能が低下し、心室が広がって全身に必要量の血液を送り出すことができなくなり、その結果として心不全を引き起こす心筋症の一つです。動き、息切れ、疲労を感じるなどの自覚症状がみられます。