白血病の症状(/ページ)

白血病は、赤血球、白血球などになるはずの造血幹細胞が骨髄の中でがん化して増殖していく病気です。そのため正常な血液細胞が減少し、貧血や免疫の低下などが起こります。大きく「骨髄性」と「リンパ性」に分けられ、それぞれ「急性」と「慢性」があります。