小腸がんの検査・検診(/ページ)

胃と大腸の間にある「小腸」にできるがんで、同じ消化器のがんである胃がんや大腸がんとは異なり、極めて患者数が少なく、また早期発見が難しい病気です。いわゆる「希少がん」に分類されます。進行した状態で見つかることがほとんどで、症状は、腸閉塞による腹痛や吐き気、おう吐、患部からの出血による下血や貧血などです。