食中毒の原因(1/1ページ)

食中毒を引き起こす原因は、細菌、ウイルス、寄生虫です。細菌による食中毒で発生件数が最も多いのがカンピロバクターで、肉類、特に鶏肉から感染します。そのほか、卵や鶏肉から感染するサルモネラ、私たちの手に住んでいる黄色ぶどう球菌、主に生肉から感染する病原性大腸菌、魚介類についている腸炎ビブリオなどがあります。