糖尿病網膜症の治療(1/1ページ)

糖尿病網膜症は、糖尿病で網膜の血管が障害されることにより、出血・視力低下・飛蚊症などの症状が現れる病気です。進行すると網膜剥離を起こすことがあります。検査は眼底検査、蛍光眼底造影検査、光干渉断層計検査(OCT検査)などがすすめられます。