もやもや病

もやもや病は10歳以下の子どもに多く、30?40代にも多い病気です。脳の中の網の目状の血管が、もやもやした煙のように見えることから名前がつけられたと言われています。