胃がん

胃がんは主にピロリ菌の感染が原因でおこります。特に50代から急増するため、ピロリ菌検査を受けて、感染している場合はピロリ菌を除菌する治療を受けることが胃がん予防のために大切です。