強迫症

強迫症は、きちんと手が洗えたか不安で何時間も手を洗い続けたり、家に鍵をかけたか心配になって何度も確認しに戻るなど、特定の行動を「やめなければならない」とわかっていても繰り返してしまう病気です。会社や学校に行けなくなるなど、日常生活に多大な支障を来たします。国内の推定患者数は100万人以上です。