C型肝炎

C型肝炎は、血液や体液を介してC型肝炎ウイルスに感染することで発症します。従来インターフェロンの注射が治療の中心でしたが、最近はより治療効果の高いのみ薬の抗ウイルス薬が登場し、ほぼすべての患者さんで完治できるようになっています。