B型肝炎

B型肝炎は、血液や体液を介してB型肝炎ウイルスに感染することで発症します。放置するとウイルスが増殖して肝臓の状態が悪くなり、肝硬変から肝臓がんに進行する恐れがあるので、早期発見と治療が重要です。主な治療は、核酸アナログという薬の服用です。