子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮内壁以外の卵巣、卵管、腹膜などに子宮内膜に似た組織が発生する病気です。この組織も女性ホルモンの影響ではがれ落ちて出血しますが、体外に排出されないため、その場所で増殖を続けます。痛みが生じ不妊や卵巣がんのリスクが高くなります。治療によって症状を抑えます。

子宮内膜症の病気・症状解説(3記事)

子宮内膜症の合併症・関連病気(1記事)