ホーム > 過去のテーマ 一覧 > おしっこの悩み

メールで知らせる

クリックするとNHKサイトを離れます

過去のテーマ内容を印刷

2014年06月07日(土)放送

おしっこの悩み

ポイント 一番多いおしっこの悩みは「頻尿」

おしっこの悩みで一番多いのは「頻尿」。
日本排尿機能学会の推定によると、日本では4500万人が夜間、寝ているときの頻尿。昼間、起きているとき起こる頻尿3300万人
目安になる回数は
1日に起きているとき8回以上トイレに行く。
夜、寝ているときにトイレに1回以上行く。
★「日常生活に困っているかどうか」がポイント。回数はあくまで目安。生活に支障が出て困っている場合は治療を行う。

過活動ぼうこうに注意

通常、腎臓から出た尿は、ぼうこうに溜まり、一杯になると、ふくらんだぼうこうから、脳に信号が送られ、ぼうこうの筋肉を収縮させて排尿する。
過活動ぼうこうになると、ぼうこうに尿が少ししか溜まっていない状態なのに、勝手にぼうこうが収縮し、頻尿になってしまう。

チョイス① 頻尿の原因を見つける

原因を見極めるためには、おしっこの回数と量を把握することが大事。
それには、自分の排尿の状況を記録する、「排尿日誌」をつけるのがオススメ。
排尿の時間や量、尿意の強さ、水分摂取量などを記録するが、まずは時間と排尿量だけでも大丈夫。

★過活動ぼうこう
特徴は、1日の尿量は正常だが、回数が多く1回の排尿量が少ないこと。
1回あたりの尿量は30~150mLと少なく、わずかに溜まっただけでトイレに行きたくなる。

チョイス② 過活動ぼうこうの治療

  • 「抗コリン薬」は、膀胱の筋肉を収縮させる「アセチルコリン」が、作用しないようにブロックし、過剰な収縮を抑える。30年以上の実績がある。
  • 「β3(ベータスリー)作動薬」は、ぼうこうの筋肉を緩め広げる働きがある。その結果、ぼうこうの容量が増え、排尿の回数が減る。2011年に保険適用になった新しい薬。
    抗コリン薬が効きづらいときに処方される事が多い。

自分でできる対策

★「骨盤底筋体操」
尿道を締める筋肉を鍛える体操。筋肉を鍛えることで頻尿対策。予防にもなる。
<方法>
尿道や肛門を3~5秒締める
1セット20回を1日4~5セット

★「ぼうこう訓練」
尿を我慢して、ぼうこうを拡大する訓練。最初は5分程度から、尿意を催しても我慢し、徐々に排尿の間隔をあけるようにする訓練。
※「骨盤底筋体操」や「ぼうこう訓練」は、1~2か月で効果が出てくる。

夜の頻尿に注意!危険なケース

寝ているときの排尿回数が多く、尿量が多い場合は心臓病の可能性がある。
心臓が弱くなると血液が心臓に戻りにくくなり、足に血液が多く溜まり「むくみ」が起こる。
寝るとき横になると、足に溜まっていた血液が上半身に一気に戻る。すると、心臓は血液を減らすために、「おしっこで水分を出せ」と排尿を促すために頻尿になる。

足のむくみに注意

むくみのチェックにはいわゆる“弁慶の泣き所”と呼ばれる部分を3~5秒押す。
そのへこみがなかなか元に戻らない場合はむくんでいる可能性あり。
他に、靴下の跡がくっきり残る。夕方、靴を脱ぎにくい。
むくみ対策は、足を締め付ける「弾性ストッキング」を履くと、水分が上半身に戻りやすくなる。ウオーキングをしっかりして、足の筋肉を鍛える。

頻尿を起こす他の病気

★ 糖尿病・睡眠時無呼吸症候群(寝ている間に呼吸が止まる病気)
★ 前立腺肥大症
★ ぼうこう炎、膀胱がん など