ホーム > チョイス@病気になったとき

チョイス土曜午後8:00~ 再放送午後1:05~

今回のテーマ
下痢で悩むとき
次回のテーマ
(アンコール)ゆがんで見えるとき

5年間、「ここが聞きたい!名医にQ」をご覧いただきありがとうございました!
過去のテーマはこちら

過去のテーマ 一覧

前回のテーマ今回のテーマ次回のテーマ

  • 07月04日(土)
  • 07月11日(土)
  • 07月18日(土)
  • 健康寿命を延ばす運動術
    元気で長生きしたい!その目安が「健康寿命」だ。少しでも健康寿命をのばしたい。そこで大切なのが「運動」。寝たきりを防ぐ簡単な運動や運動量の目安を紹介する。
  • 下痢で悩むとき
    ただの「食あたり」と下痢を侮ってはいけない。食中毒や長引く場合は、実は思わぬ病気が原因ということもある。「下痢」を引き起こす注意すべき病気のポイントを紹介する。
  • (アンコール)ゆがんで見えるとき
    ものがゆがんで見えるとき、網膜が歪む「加齢黄斑変性」のことがある。早期なら治療できるが進行すると失明の危険もある。早期発見と治療、予防のチョイスを一挙に紹介。
  • 東京都健康長寿医療センター研究所
    老化制御研究チーム 副部長

    青柳 幸利
    (あおやぎ・ゆきとし)
    静岡県 健康福祉部 健康増進課
    課長

    土屋 厚子
    (つちや・あつこ)
    詳細ページへ
  • 島根大学医学部内科学講座第二
    教授

    木下 芳一
    (きのした・よしかず)
  • 関西医科大学 眼科学 教授
    髙橋 寛二
    (たかはし・かんじ)

※ 放送の日時が変更、休止になる場合があります。詳しくは番組表を参考にご覧ください。

きょうの健康過去のテーマ 一覧

  • 07月06日(月)

    【再放送】07月13日(月)

  • 07月07日(火)

    【再放送】07月14日(火)

  • 07月08日(水)

    【再放送】07月15日(水)

  • 07月09日(木)

    【再放送】07月16日(木)

  • 大腸がん 徹底解説
    「予防と早期発見」

    大腸がんは早期発見・治療できれば100%近く治る。ただし初期症状はほとんどないため定期的な検査で見つけることが大切だ。良性のポリープでも場合によっては切除する。
  • 大腸がん 徹底解説
    「内視鏡治療で治す」

    転移の心配がない早期がんは内視鏡で切除することが多い。拡大内視鏡の普及で、より正確な診断も可能になり、これまで外科手術で行ってきたケースでも内視鏡治療が可能に。
  • 大腸がん 徹底解説
    「進歩する手術」
    大腸がんが大腸の内側の壁の粘膜よりやや深く侵入し、リンパ節転移の可能性がある場合は手術が適応。大腸がんの場合、進行していても手術で取り除ければ治る可能性が高い。
  • 大腸がん 徹底解説
    「再発したら」
    大腸がんは他のがんに比べて再発率は高くない。また万が一再発しても、治療法の選択肢は多く、早く見つけて適切な治療をすることで、再発の場合でも治る可能性がある。
  • 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 部長
    松田 尚久
    (まつだ・たかひさ)
    詳細ページへ
  • 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 部長
    松田 尚久
    (まつだ・たかひさ)
    詳細ページへ
  • 東京大学大学院 講師
    須並 英二
    (すなみ・えいじ)
  • 東京大学大学院 講師
    須並 英二
    (すなみ・えいじ)
認知症キャンペーン「これが認知症を防ぐチョイスだ!」
認知症キャンペーン
NHKスペシャル 認知症をくい止めろ ~ここまで来た!世界の最前線~
NHKスペシャル アルツハイマー病をくい止めろ!

おすすめ健康レシピ

おすすめ運動・体操

気になる病気