動脈硬化の検査の種類 -健康診断から最新検査方法まで一挙紹介-

更新日

動脈硬化の危険度は検査でわかる

動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳梗塞などの重い病気を招きます。そうした病気をどれくらい起こしやすいのか、検査を受けることで予測できます。
検査は大きく2つに分かれます。1つは一般的な健康診断です。血液検査などから自分が持つ危険因子をチェックできます。もう1つは医療機関で受ける検査です。動脈硬化を、さまざまな装置を使って観察します。

健康診断では脂質異常・高血圧・高血糖などをチェック

職場や自治体で受ける健康診断では、脂質異常・高血圧・高血糖がチェックできます。いずれも動脈硬化の原因であり心筋梗塞や脳梗塞の危険因子です。

脂質異常症

脂質は、悪玉とも呼ばれるLDLコレステロール、善玉とも呼ばれるHDLコレステロール中性脂肪の3つを調べます。それぞれ空腹時に140mg/dL以上、40mg/dL未満、150mg/dL以上だと「脂質異常症」と診断されます。さらに、LDLコレステロール120~139mg/dLを境界域と言い、高血圧や高血糖など他の危険因子が多い人は、この値でも注意が必要です。
また、尿検査でたんぱく尿を調べます。血液検査でクレアチニン値を調べることもあります。どちらが異常でも慢性腎臓病が疑われます。慢性腎臓病も心筋梗塞や脳梗塞の危険因子です。

メタボリックシンドロームもチェック

メタボリックシンドローム

健康診断ではメタボリックシンドロームもチェックします。内臓脂肪の蓄積に脂質異常・高血圧・高血糖の2つ以上が重なった状態がメタボリックシンドロームです。へその上から腹囲を測り男性85cm以上、女性90cm以上だと内臓脂肪が蓄積していると判断します。メタボリックシンドロームも心筋梗塞や狭心症の危険因子です。

医療機関ではさまざまな装置で検査

医療機関ではさまざまな装置を使い動脈硬化がどれくらい進行しているかを調べます。次のような検査があります。

  • 体の外から動脈硬化を観察する:頸動脈(けいどうみゃく)エコー CT MRI など
  • カテーテルを血管に挿入して行う:冠動脈造影 血管内超音波 OCT など
  • 血流や血管の硬さを調べる:ABI baPWV など

頸動脈(けいどうみゃく)エコー検査

頸動脈(けいどうみゃく)エコー検査

頸動脈エコー検査は、首に器具を密着させて頸動脈を観察します。血管を観察する検査としては最も簡単で、医療機関の動脈硬化の検査では多くの場合、最初に行います。

頸動脈エコー画像

頸動脈エコー
画像:りんくう総合医療センター

1枚目の画像は正常です。血液が通る血管の内腔が広くなっています。2枚目の画像では血管の壁に動脈硬化でできたプラークと呼ばれる隆起があり、血管が狭くなっています。こうなると危険です。心臓を取り巻く冠動脈や脳の動脈でも同じように動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすいと推測されるからです。

CT検査・MRI検査

CT検査

CT検査は、装置の丸い穴の中を体が通過するときにX線が体の断面を撮影します。造影剤を注射して行います。

CT画像

CT画像
画像:りんくう総合医療センター

CTの画像では血管が立体的に描き出されます。高性能の装置が登場し、冠動脈のほか腹部の大動脈や脚の動脈も一緒に観察できます。冠動脈が動脈硬化で狭くなっていれば、かなり確実に発見できます。

MRI画像
画像:りんくう総合医療センター

MRI検査は、CTと同じような装置を使いますが、X線ではなく磁気を当てます。脳や脳の動脈を調べるのによく使われます。MRIのなかでも血管を目立たせるMRAという手法では、血液が流れているところが白く描き出されます。左は正常な脳動脈です。右は脳梗塞を起こして血流が完全に途絶えた画像です。こうした、脳梗塞にいたる前の、血流が少し低下している段階でも発見できます。

冠動脈造影検査

冠動脈造影検査

冠動脈造影検査は、カテーテルという細長い医療器具を手首などの動脈から挿入して行います。心臓の入口まで到達させたカテーテルから、造影剤を冠動脈に注入し、心臓をX線で撮影します。

血管
画像:りんくう総合医療センター

画像では血液の流れているところが黒く写ります。血管が狭くなり血液の流れが悪くなっていれば、はっきり観察できます。

血管内超音波検査

血管内超音波画像
画像:りんくう総合医療センター

血管内超音波検査はカテーテルを冠動脈の中まで挿入して行います。カテーテルの先端から超音波を発生させ血管内のプラーク自体を観察します。上の画像は血管を輪切りにして見ています。動脈硬化があれば超音波の反射が異なるため画像の濃淡が変化します。正常な血管は内腔(ないくう)が広いのに対し、動脈硬化の血管では、プラークによって内腔が狭くなっています。

血管内超音波画像
画像:りんくう総合医療センター

検査データを解析するとプラークの成分までわかります。上の画像はどちらも動脈硬化のプラークですが、左は線維性の部分が多いため安定しています。右はコレステロールなどの脂質が多いため破れやすく、心筋梗塞を起こす危険性が特に高いと考えられます。

OCT(光干渉断層法)検査

OCT(光干渉断層法)画像
画像:りんくう総合医療センター

OCT検査も血管内にカテーテルを挿入して行います。近赤外線を使い顕微鏡並みの精度で血管を観察できます。画像は動脈硬化を起こした血管です。中心の黒いところは血管の内腔(ないくう)、周囲が血管の壁です。プラークに含まれる脂質の成分は暗く描き出されます。この画像では脂質の多いプラークが内腔を大きく塞いでいます。線維性の成分は明るく描き出されますが、この血管ではプラークを覆う線維性の膜が非常に薄くなっています。このようなプラークは破れやすく、心筋梗塞を起こす危険性が特に高いと考えられます。

ABI検査・baPWV検査

血流や血管の硬さを調べる検査

ABI検査baPWV検査は、血流や血管の硬さを調べるものです。どちらもベッドに横になり両腕と両足首に計測用のベルトを着けて行います。

ABI検査は、腕の血圧と足首の血圧を測定しその比を計算します。足首の血圧が正常の比を超えて低い場合、脚の血管が狭く血流が悪くなっていると考えられます。その場合、冠動脈でも動脈硬化が進行していると推測されます。baPWVは、脈が心臓から腕や足まで伝わっていく速度を調べます。正常より速く伝わる場合、全身の血管が硬くなっていると考えられます。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年10月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら