激しい生理痛の原因は病気かも!10人に1人発症する子宮内膜症とは

更新日

つらい月経痛・生理痛を引き起こす「子宮内膜症」とは

子宮内膜症とは

月経・いわゆる生理のある女性の10人に1人が発症するといわれる「子宮内膜症」は、生理と深い関わりがあります。子宮の内膜を覆う子宮内膜は毎月、妊娠に備えて増殖して厚くなり、妊娠しないと血液とともに月経血として体外に排出されます。これが生理です。

子宮内膜症とは

ところが、月経血が子宮内を逆流して、卵巣の表面、直腸やぼうこうと子宮の間などの子宮以外の場所に小さな固まりになって付着することがあります。そうした状態が続くと、子宮内膜に似た組織(子宮内膜症組織)が増殖して「子宮内膜症」を発症します。月経血の逆流は、90%以上の女性に起こっていますが、必ず子宮内膜症になるわけではありません。現在のところ、子宮内膜症を発症する人としない人のどこに違いがあるのかははっきりしていません。

子宮内膜症の症状とリスク

子宮内膜症の症状とリスク

子宮内膜症の症状をセルフチェックしてみましょう。子宮内膜症では、「激しい生理痛」「以前より生理痛がひどい」「痛み止め(鎮痛薬)が効きにくい」「痛み止め(鎮痛薬)の量が増えた」「生理のとき以外にも腹痛がある」「排便時に痛みがある(排便痛)」「なかなか妊娠しない」などの症状が現れます。

また、月経血の逆流が原因であるため、生理の回数を多く経験するほど発症のリスクが増えます。そのため、最近の「初経の低年齢化」「初産年齢の高齢化」「妊娠・出産回数の減少」もリスクになります。

子宮内膜症の影響1 強い生理痛や腰痛

子宮内膜症の影響

子宮内膜症が発症した場所では、子宮内膜症組織が増殖することで出血や炎症を繰り返します。そのような炎症は、子宮を強く収縮させるプロスタグランジンという物質の分泌を増やし、強い生理痛の原因になります。また、子宮内膜症組織と子宮周辺の臓器の癒着による引きつれや炎症によっても痛みが起こります。そのような痛みは、内臓の神経を介して伝わるので、下肢部全体の痛みや腰痛として感じられます。また、子宮内膜症組織が直腸と子宮の間にできると、排便痛や性交痛が生じます。

子宮内膜症の影響2 不妊

子宮内膜症でも、軽症であれば自然に妊娠できます。しかし、子宮内膜症によって卵管の周囲に癒着が起こると、卵管が卵子を取り込めなくなって、受精ができなくなります。また、癒着がなくても炎症があるだけで子宮の周囲の環境が悪くなり、妊娠しにくくなると言われています。さらに、卵巣に子宮内膜症ができる「卵巣チョコレートのう胞」不妊と関係があります。

卵巣チョコレートのう胞
不妊と卵巣がんの関係は?

卵巣チョコレートのう胞

卵巣にできた子宮内膜症組織から出血した血液が卵巣内にたまり、水分が吸収されて濃縮して古くなると、溶けたチョコレートのようになるのが、卵巣チョコレートのう胞です。卵巣チョコレートのう胞になると、卵巣で卵子が育ちにくくなったり、卵巣と卵管の癒着によって卵管の動きが悪くなったり、排卵した卵子を取り込むことができなくなったりするために、不妊になる可能性が高まります。

また、卵巣チョコレートのう胞は、卵巣がんの発生にも関係しています。子宮内膜症はもともと良性ですが、卵巣がんを発生する可能性が約1%*あるとされています。卵巣がチョコレート様の内容液にさらされる期間が長いほど、また年齢が高くなるほどがん化する可能性が高まります。
※kobayashi H,et al.Int J Gynecol Cancer.2007

子宮内膜症の治療のポイント

子宮内膜症 治療のポイント

治療の優先順位は、自分のライフステージによって変わります。例えば、未婚ですぐに妊娠を希望しない人であれば、痛みの緩和治療が中心となります。妊娠・出産を希望する場合は、痛みの緩和とともに妊娠率の向上のための治療を行います。高齢の場合や、妊娠・出産を希望しないのであれば、痛みの緩和とともに卵巣チョコレートのう胞のがん化を予防する治療を検討します。

目的別の治療法1 痛みをとりたい

目的別の治療法1 痛みをとりたい

痛み止め(鎮痛薬) 漢方薬

一般的に痛み止め(鎮痛薬)と漢方薬を使用します。ただし、病気の原因ではなく、症状の治療なので、子宮内膜症の進行を抑えることはできません。

ホルモン療法

子宮内膜症の病巣を治療するためには、まず低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(低用量ピル)や、黄体ホルモン薬を用います。低用量ピルは、生理痛に対して健康保険の使用が認められているため、子宮内膜症が明らかではない初期の段階から使うことができます。低用量ピルや黄体ホルモン薬は、排卵は抑えますが、血液中のエストロゲンの濃度は低くならないので、若い女性でも長期間にわたって使用することが可能です。これらのホルモン薬でも痛みが改善しない場合には、卵巣機能を止めて閉経状態にするGnRHアゴニストが必要になることもあります。

手術

ホルモン療法でも痛みが治まらない場合は、子宮内膜症組織ができている部分を取り除いたり、臓器と臓器の間に癒着している子宮内膜症組織を剥がしたりするなどの手術を検討します。手術をしても、生理がある間は高い確率で再発しますので、手術後にホルモン療法を行って再発を予防します。

目的別の治療法2 妊娠・出産したい

目的別の治療法2 妊娠・出産したい

痛み止め(鎮痛薬)や漢方薬で痛みをおさえながら、できるだけ早く妊娠することを目指すことになります。ただし、結婚して1年以上たっても妊娠に至らない場合は、高齢で早期の妊娠を希望する場合には、卵管周囲の癒着を剥がしたり、正常な卵巣の組織を残して卵巣チョコレートのう胞を取り除くなどの手術を検討します。手術の後に妊娠しない場合には、不妊治療を行います。

目的別の治療法3
卵巣チョコレートのう胞のがん化を防ぎたい

目的別の治療法3 卵巣チョコレートのう胞のがん化を防ぎたい

がん化する心配がそれほどない若い人はホルモン療法を行いますが、卵巣チョコレートのう胞が急激に大きくなったときには手術を検討します。また、40歳以上になって、卵巣チョコレートのう胞が4cm以上の場合、手術を検討します。妊娠を希望する場合は、病巣部だけを切除して卵巣は残します。状態によっては卵巣ごと切除することもありますが、もう1つの卵巣が残っていれば妊娠は可能です。

妊娠を希望しない場合、がん化する危険が高まる40歳以上の人、癒着がひどい人、手術後に再発した人などは、卵巣ごと切除することがあります。

激しい生理痛や不妊などの症状があれば受診を

「子宮内膜症」は、強い痛み不妊などの症状によって生活に大きな支障を及ぼしますが、適切な治療をすることで改善できる病気です。早期の子宮内膜症であれば、副作用の少ない薬物療法で対応できますが、進行すると手術も必要になります。子宮内膜症の症状に1つでも当てはまるものがあるときには、我慢せずに、できるだけ早く産婦人科婦人科を受診しましょう。