変形性肩関節症の治療 -運動療法と薬物療法-

更新日

変形性肩関節症 肩が痛い 首・肩

治療はまず薬物療法・運動療法から

変形性肩関節症の治療は、まず始めに、薬物療法、運動療法といった保存療法を行います。

薬物療法は、非ステロイド性抗炎症薬などを用います。内服薬として、あるいは外用剤として処方します。痛みがかなり強い場合は、関節内の炎症を抑えるために、ステロイド薬や関節の潤滑油である滑液に含まれているヒアルロン酸を関節内に注射することもあります。

運動療法は、痛みが軽度の場合や、薬物療法で痛みがかるくなってきた場合に行います。肩関節周囲のこわばった筋肉をほぐして、関節をかたくしないように動きやすくすることが目的です。

薬物療法や運動療法などで普通に生活できるようになる人もいますが、軟骨は元の状態には戻らないので、徐々に生活に支障が出てくることもあります。また、薬物療法や運動療法などの保存療法を行って、効果が見られない場合は、手術を検討します。

2つの手術方法はこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    肩こり・肩の痛みを解消!「変形性肩関節症と人工関節」