悪性リンパ腫の種類は70種以上!分類によって進行速度が大きく異なる

更新日

国立がん研究センターの推計によると、日本では年間約3万人の方が悪性リンパ腫と診断されていると言われています。
年齢の特徴としては高齢になるほど悪性リンパ腫の方が多いと言われ、性別では女性よりも男性に多いという特徴があります。

悪性リンパ腫とはどのような病気なのか

悪性リンパ腫は血液のがんの一つと言えます。
血液中には赤血球と白血球がありますが、免疫をつかさどる白血球の中のリンパ球が、がん化した病気が悪性リンパ種です。

「悪性リンパ腫とは?」はこちら

悪性リンパ腫の種類

悪性リンパ腫

悪性リンパ腫

悪性リンパ腫は、がん細胞の形態や性質によって70種類以上に分けられます。主には「非ホジキンリンパ腫」、「ホジキンリンパ腫」に分類され、非ホジキンリンパ腫が9割以上、ホジキンリンパ腫が1割未満です。

非ホジキンリンパ腫は、がんになっている細胞の特徴や染色体検査などの結果から、さらに細かく分類されます。主な種類は多い順に、「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」、「ろ胞性リンパ腫」「MALTリンパ腫」です。

「悪性リンパ腫の症状」についてはこちら

悪性リンパ腫の進行

タイプ別の悪性度

最も多い、非ホジキンリンパ腫は種類によって、進行する速さが異なります。

がんが大きくなったり、転移するのが遅く、年単位で進行する「低悪性度」、月単位で進行する「中悪性度」、そして最も進行が速い「高悪性度」に分かれます。ろ胞性リンパ腫、MALTリンパ腫は低悪性度です。最も患者数が多い「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」は中悪性度です。高悪性度の主なものとしては「バーキットリンパ腫」があります。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年4月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら