そのめまい危険かも?メニエール病の症状チェック、原因や治療法は

更新日

メニエール病 突発性難聴 耳がおかしい めまいがする 脳・神経

メニエール病とは

メニエール病の特徴

メニエール病の特徴

メニエール病は回転性のめまいが10分間~数時間続き、何度も繰り返すのが特徴です。数年にわたってめまいが続く人もいます。また、多くの人は難聴・耳鳴り・耳閉感(耳が詰まった感じ)を伴います。難聴は低音から聞きづらくなり、初期には聴力の低下に気づかないこともあります。

19世紀にフランス人医師であるメニエールが報告したことから、メニエール病と名付けられました。

メニエール病にかかりやすい人

メニエール病にかかりやすい人

メニエール病は、40~60代が発症しやすく、女性に多いとされています。また、責任感が強く、きちょうめんな性格の人がなりやすいと言われています。

メニエール病の原因とメカニズム

メニエール病の原因とメカニズム

メニエール病の原因は、内耳にある三半規管と蝸牛(かぎゅう)を満たす内リンパ液が増えすぎることが関係していると考えられています。

内耳には、体のバランスをとる三半規管や耳石器、音を感じ取る蝸牛などがあり、これらは内リンパ液という液体で満たされています。この内リンパ液が増えすぎると、三半規管の働きが障害されてめまいが起きます。また蝸牛にも影響して難聴や耳鳴りが起こります。

メニエール病と突発性難聴

メニエール病と突発性難聴の違い

メニエール病は突発性難聴と症状が似ており、その見極めが難しい病気です。メニエール病の場合、10分~数時間ほどのめまいがありますが、突発性難聴の場合はめまいがある場合と全くない場合に分けられます。

また、メニエール病はめまいと難聴の発作が繰り返し発生するのに対し、突発性難聴は繰り返しません。メニエール病は低音から聞こえづらくなりますが、突発性難聴は突然の強い難聴に見舞われるのが特徴です。
きっかけは共通しており、ストレスや疲労などによって発症します。

メニエール病の治療

メニエール病の治療では、生活習慣の改善をしながら薬物療法を行います。発症にはストレスが関係していると考えられているので、過労を防ぐために無理をしないことが大切です。軽い運動は効果的で、有酸素運動が良いとされています。

また、十分な睡眠をとり、自分で楽しめる趣味を持つことも効果的です。実際に、好きなスポーツに打ち込むことでめまいなどの症状がすぐに改善した人もいます。

水分摂取療法

水分摂取療法

メニエール病の治療の1つに十分な水を摂取する「水分摂取療法」があります。
メニエール病は脱水が引き金になると言われており、毎日十分な量の水を摂取することで改善が見られます。ただし、心臓や腎臓に問題がある人は注意が必要です。希望する人は医師の管理のもとで治療を受けてください。

メニエール病の薬物療法

メニエール病の薬物療法

薬物療法ではまずめまいを軽くする「抗めまい薬」。また、めまいの際に吐き気がある場合「制吐薬」の服用、内耳の血液の循環をよくする「重曹水」の点滴を行います。また、耳の栄養状態をよくするために「内耳循環改善薬」、水膨れを抑制するための「利尿薬」、不安を取り除く「抗不安薬」、耳の神経の働きをよくする「ビタミン剤」を使うこともあります。

薬で改善しない場合

こうした治療で治らない場合には、抗菌薬を鼓膜の奥にいれる「鼓室(こしつ)内薬液注入法」、溜まった内リンパ液を手術で排出する「内リンパ嚢(のう)解放術」などの外科的な治療を行います。

突発性難聴の治療は早く!

突発性難聴の場合は早い時期に治療することが原則です。少なくとも2週間以内には治療を開始する必要があります。1か月以上経過した場合、難聴の治りが悪くなったり、難聴が続いてしまう可能性があります。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    めまい 徹底解説「メニエール病と突発性難聴」