子どもや若者に多い「マイコプラズマ肺炎」

更新日

マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマ肺炎は、ほかの肺炎と異なり、患者さんの多くが子どもや若い人で、重い持病などがない健康な人たちです。
原因は、マイコプラズマという細菌の感染ですが、感染しても軽度で済むことが多く、自然に治ったり外来治療でよくなったりします。ただし中には重症化することがあり、呼吸困難を起こして長期入院したり、人工呼吸器がないと生活できなくなるケースもあります。また、ほかの肺炎で良く使われる抗生物質(抗菌薬)が効きませんので、注意が必要です。

マイコプラズマ肺炎の感染の仕組み

マイコプラズマ肺炎の感染の仕組み

マイコプラズマ肺炎は、かぜと同じように、発症した人のせきのしぶきを吸い込んだり、しぶきのついた手で鼻や口を触ったりすることで感染します。感染力はかぜほど強くはなく、学校などで広がる可能性は高くありません。ただ、家庭内で感染することは多く、接触する機会の多い幼い子どもと母親が共に感染するケースがよくみられます。感染を予防するためには、かぜと同様、手洗いやうがいをしっかり行い、発症した人はマスクをして、せきエチケットを守ることが大切です。

マイコプラズマ肺炎の症状と受診の目安

マイコプラズマによる症状

感染すると、通常は2~3週間の潜伏期間のあとに、気管支炎を発症します。まず現れる症状は、発熱、頭痛、全身のだるさなどです。せきは、それから数日遅れて始まることが多く、熱が下がったあとも数週間続きます。急性期には約40%の人に、息をするときぜんそくのように「ゼーゼーヒューヒュー」という音がします。

多くの人は肺炎に至る前に回復しますが、一部の人は肺炎を起こし、その場合は症状が長引いたり、重症化したりすることがあります。たとえ重症化しなくても、マイコプラズマ肺炎を起こした人は病歴がない人と比べて、その後の肺機能が低下すると考えられています。こうしたことからも、発症後は早く治療を受けることが大切です。

マイコプラズマ肺炎 受診の目安

マイコプラズマ肺炎を疑って受診する目安は、60歳未満であること、特に持病がないか、あっても軽い、強いせきが2~3週間以上続く、たんが出ないことの4つです。これらの項目すべてに当てはまる場合は、呼吸内科など専門医のいる医療機関を受診することがすすめられます。

Q&A「肺炎」はこちら

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年1月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら